経済的自由への道しるべ

 世間は、「お金が大事」 と、いうけれど
     本当に、大切なものは 「自由」では、ないでしょうか? 

        経済的束縛から解き放ち、 人間本来の楽しみを、
            謳歌する方法を、ご案内 申し上げます!
海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOP

     資産を築く、又は資金を増殖させるには、個人の性格、或いは、
     資金の性質によって、異なる運用方法が存在すると云われています。

      私は、リスク許容度とその方の好みによって、4つの手段を提案致します。
        1:ほったらかし手間いらず、年率15%で賢く運用 →海外ファンド活用法
        2:自分の腕で、年率20%、30%と稼ぎたい方  →株式相場技法うねり取り
        3:比較的小資金で多様な稼ぎ方を知りたい方    →FX(外国為替証拠金取引)
        4:ネットビジネスで副収入、或いは独立志望の方  →情報起業・驚速成功法

◆海外投資と税金
◆海外ファンドのリスク
◆理論的支柱「無裁定価格理論」
◆外資ファンド利回り20%超のカラクリ
◆ネバダレポート
◆海外ファンド購入手続き
◆国家破産・予想される事態
◆大前研一『ニュースの視点』
◆海外送金ルート
◆預金封鎖対策
◆フリーランチ投資家七つの鉄則
◆狭められるオフショア口座開設
◆クアドリガ(QUADRIGA)見送体験
◆オランダ経由の課税逃れ防止
◆国家破産下では金は使えない
◆納税者番号・選択制で導入
◆国と地方の債務残高
◆けふ(今日)から預金封鎖
◆財産税を錬金術に
◆人口減少と日本経済
◆リスクを嫌い過ぎるのは?
◆外為法・外国為替検査
◆確定拠出型年金・401K
◆ファンドの種類
◆株式ファンドの投資手法
◆国債デフォルトは現実的でない?
◆老人税
◆買ってはいけない!個人向け国債
◆誰もが最後は「一人の投資家」
◆海外ファンド活用法
◆投資をしなくても幸せになれる時代は終わった

 
 
<1:海外ファンド活用法>

【ボーナス・退職金倍増法】

 あなたは、資金の運用先にお困りではないでしょうか?
 国内の銀行に入れておいても、数パーセントが限界と思います。

 ところが、海外のヘッジファンドといわれるものの中には、20%、30%のリターンを挙げるものが珍しくありません。→副島隆彦氏格付けヘッジファンド

 この点は、「TOPICSが下がったから仕方がない」のだと、大きな顔をしていられる日本の投資信託とは、全く違います。

 海外ファンドは、資金の純増額だけで評価されます。
 常に、世界の投資家から、厳しい目でチェックされているわけです。

 昨年来、サブプライム問題に伴う世界的株安が続いておりますが、お蔭様で私の保有するファンドは、順調に資金を膨らませております。
 (AHL Diversified plc 05/5購入49.9→08/6/2 90.59)

 頼もしいことに、逆境(ロシア破綻、アジア通貨危機、9・11同時多発テロ等)の時に、資産を増加させた実績があります。
 平和な時ばかりが望ましいのですが、残念ながら、世界的に見ますと数年に一度は、大不況、大事故に襲われています。

 私が、お奨めしたいのは、こんな環境でも耐えられるヘッジファンドです。
  
 私が海外ファンドに投資して、特記すべきと思うことは、手間がかからないこと。
 お忙しいサラリーマンの方でも、子育てに追われるママさんがたでも、時間の心配は要りません。

 ヘッジファンドの最大手の一角、イギリスのMan社の商品なら、日本の金融機関でも取り扱うところが増えてまいりました。
 ネットで容易に検索できます。

 法律が変り、海外投資が容易になるのは望ましいことです。
 でも、海外ファンドを利用する方は、英会話能力は、無くても問題ありませんが、リスク管理のため辞書を引く手間は必須と考えて下さい。
 もしも、英語の辞書さえ引くのも面倒な方には、邦銀での取引も選択肢と思います。

 少し気になりますのは、保有期間中に負担する各種費用が高いことです。
   →
ファンドの負担費用 
 各種手数料・費用が高ければ、必然的に最終利回りが低くなります。
  
 年金の将来が危ぶまれる今日、自分の面倒は自分でみるくらいの自己防衛が、必要かもしれません。
 ボーナス、退職金の一部を、海外ファンドで運用すれば、控えめに15%複利で試算ても、5年で2倍になる計算です。
   →外資ファンド利回り20%超のカラクリ

 国の財政も、冷静に見て、時が経つごとに返済が困難な状態に陥っています。
 利回り面でも、リスク管理の面でも、海外ファンドをあなたの資産運用の一部に検討されてみてはいかがでしょうか?

◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

株式投資の基礎知識
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆インサイダー取引


   
<2:株式相場技法うねり取り>

【相場技法の習得が唯一の道】

        株式投資の常識は、
        はたして本当でしょうか?

  
  株式投資の世界で、安定した利益を出し続けるには、組織力に頼るか、相場技術(相場技法)を身に付ける必要があるといわれます。

  我々個人投資家は、インサイダーすれすれの組織力に頼るわけには参りません。
  理屈でなく売買できる力(相場感覚と建て玉技法)を身に付ける必要があります。

  相場技法にも、いろんな種類があります。
  投資できる総資金量にも、投資家の性格(好み?)によっても、最適な技法は異なります。
      →各種相場技法

  私は、「うねり取り」しかできません。
  それも、特定の銘柄限定です。

  技法を身に付けるにも、考え方の変革から、相場感覚の養成、練習売買、本格売買と順序と期間が必要です。

  たとえば、考え方ひとつとっても、
      ・他人より有利な銘柄を探せば、必ず勝てる?
      ・儲かる指標が存在する?
      ・自動的に、儲かるシステムが存在する?
      ・ニュースを早く知ることが全て?
      ・秘密の材料で儲けよう?
      ・
平均株価が上がる時は、全体として儲かるはず?

  このような信念を抱いた方で、本当に儲かった方は存在するのでしょうか?
  「絶対上がる! 勝利は間違い無し!」と、利益を夢見て、万全の理論で 買った株の現実は、全くの想定外に下がり、混乱されたことでしょう。


  そうです。
    
相場は、理屈では勝てない
  のです。

    相場は、腕でとるもの
  なのです。

  相場技法に気付いた、数少ない人のみが、正しい努力を積み重ね、株式相場の勝利者となれるのです。
  過去5年間の私の成績は、7〜19%(今年11月16までで、17.8%)の地味なものですが、利益率は着実に向上しております。

  ネット社会には、「楽して儲かる」方法が、氾濫しております。
  その方法は、「他の人より優れた情報、判断尺度を掴んで銘柄を選択する」と、いうのが大多数です。

  確かに、後からみれば、計算上の可能性は存在します。
  ところが、この方法で、実際に資産を作り上げるのは、不可能に近いのです。
  あなたが、すでに株を購入した経験者なら、納得されますね。

  実は、株の上がり下がりは、理論とは遊離した「人気」で動くものなのです。
  理屈で勝てるのなら、スーパーコンピュータが発達した現在、世界の富を一手にする大富豪が、現れるはずです。

  ただ、他の方法を、絶対的に否定するものでは、有りません。
  バリュー株で儲けている人もいれば、仕手株専門の人もいます。

   相場の上がり下がりの確率は、常に二分の一

  こう書くと、身も蓋もないですが、相場の上り下りの確率は、どの時点においても、1/2です。
  2回挑戦すれば、続いて勝てるのは 1/4 
  3回挑戦して、勝ち続ける確率は、1/8  に低下します。

  銘柄を選択して当て続け、資産を築くのは、確率論からは、「不可能」 と、冷たい結論が出てきます。

  残念ですが、私には、「楽して儲かる」方法は、教えられません。
  お教えできるのは、相場のプロが、長年にわたり生活資金を稼ぎ、資産を築いた方法です。

  習得には、単純作業の繰り返しも、損切りの苦しさも有ります。
  しかし、将来”億”を掴むことができるのです。


 信じられない方もおられるでしょうが、(事実、私も最初に聞いた時は、信じませんでした)。
  他の方法を試し失望したら、全資金を失う前に、是非もう一度、 相場技法を思い出してください。

  これが、相場社会で勝ち残る、唯一の道ということに気付いて頂ければ、幸いです。

  どの方法にせよ、必ず資金の分割分散投資を、肝に銘じ、 「取るよりも、取られるな!」を心がけて下さい。
  相場技法の習得方法は→ 相場技法うねり取り入門」
<ネットビジネス>

  入り口は狭いが、中には無限の富が詰まっている「情報起業」なら、和佐大輔氏をお奨めします。
  氏は、熱く語ります。「情報販売とは、お客様の悩みを解決し、結果を出して頂く事!

  今なら、1500円で情報起業のノウハウ(深〜い内容)のビデオと資料が手に入ります。
  「理論的には、必然的成功が約束されている世界」とは・・・、和佐氏の行動哲学は、年齢を超越。
  その名は、『THIS IS IT』(6月20日0時公開 現在サンプルビデオ入手可)


   情報販売に比較すると、手がけ易いのは、アフィリエイトです。
   有料商材に手を出す前に、まず、矢田氏の無料レポートをお奨めしますm(__)m

   恥ずかしながら私は、ネットビジネスを営むうえで、こんなに基本的で重大な事を、知らずにおりました。
   起業家複数のメルマガを読み、有料レポートも買い、そのテクニックを真似しましたが、顕著な効果はありませんでした。(私の、感度の問題かもしれませんが?)

   「原因は何故か?」を気付かせてくれたのが、矢田氏の無料レポートです。

   最初のターゲット設定、マーケットリサーチ、コンテンツとそのポイント等、9つの重点基本事項を教わることが出来ます。
   私は、目からウロコでした。
   
   アフィリエイターを目指す方は、是非ご覧下さい。
    →
 アフィリエイトで成功するための9つのステップ



<管理人紹介> 

  はじめましてm(__)m
  我々資本主義世界で生きるには、学校では決して教えてくれない経済的な知識(ファイナンシャル・リテラシー)の重要性に気付くことが大切と考えます。
  大げさに言えば、将来の人生を左右するといって良いでしょう。

  ファイナンシャルリテラシーを高めるには、実践・体験が伴います。
  なぜなら、理解しただけでは、実行に移せない投資判断・タイミングの図り方・・・等、あるためです。
  このサイトを通して、私の経験・知識の一部でもお伝えできたなら、幸いです。
  

  私の趣味(お奨め本料理アウトドア赤城山散策歴史探訪)も、よろしければご覧になって下さい。
 おいしいもの(珍味?)を食べることも大好きです。
 味を追求するため?、ほとんど自力挑戦しております。
 昨年6月からヌカヅケ(糠床)も始めました。


 もう一つの趣味、渓流釣りと、海釣り が生き甲斐です。
 (完全に、キチの領域です。 釣りバカ バンザーイ\(~o~)/

  『当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を
  表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 』
海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ
FX(外国為替証拠金取引)MapFX(外国為替証拠金取引)Map2FX(外国為替証拠金取引)マニュアル・Map海外ファンド活用法Map| 海外ファンドMap1海外ファンドMap2
株式相場技法うねり取りMap情報起業Map投資基礎MapADPマップFXさわさわ戦略でのんびり稼ぎましょう!