海外ファンド・ヘッジファンド投資の基礎知識

 海外のお金持ちが投資する海外ファンドヘッジファンド)は、景気の変動に関わりなく、すばらしい運用成績を残しています。
 英会話ができない私でも、渡航もせず海外ファンドを入手できるんですね。 そんな魅力ある海外投資の基礎知識集です。

 関連記事 【タックスヘイブンとは】

◆海外投資と税金
◆海外ファンドのリスク
◆Form W-8BEN
◆理論的支柱「無裁定価格理論」
◆海外投資ファンド利回り20%超のカラクリ
◆ネバダレポート
◆海外ファンド購入手続き
◆国家破産・予想される事態
◆大前研一『ニュースの視点』
◆海外送金ルート
◆預金封鎖対策
◆フリーランチ投資家七つの鉄則
◆狭められるオフショア口座開設
◆クアドリガ(QUADRIGA)見送体験
◆オランダ経由の課税逃れ防止
◆国家破産下では金は使えない
◆納税者番号・選択制で導入
◆国と地方の債務残高
◆けふ(今日)から預金封鎖
◆財産税を錬金術に
◆人口減少と日本経済
◆リスクを嫌い過ぎるのは?
◆外為法・外国為替検査
◆確定拠出型年金・401K
◆ファンドの種類
◆株式ファンドの投資手法
◆国債デフォルトは現実的でない?
◆老人税
◆買ってはいけない!個人向け国債
◆誰もが最後は「一人の投資家」
◆投資をしなくても幸せになれる時代は終わった
◆投資を始める前に読んでおきたい名著
◆実際投資に役立つ王道の著
◆日本は利上げを急ぐな!OECD事務総長
◆財務官僚は国債を買わない
◆RR分類と受益証券説明書
◆メールサポートご挨拶
◆標準偏差
◆シャープレシオ 
◆租税回避地・タックスヘイブンとは
◆海外ファンド投資の出口戦略
◆サギ商品の見分け方
◆海外金融取引の課税強化
◆有力ファンドについて
◆ファンド選定法
◆ファンド選別ツール
◆副島隆彦氏格付けヘッジファンド
◆ファイナンシャルリテラシー
◆ヘッジファンドの投資戦略
◆ヘッジファンド投資三つのリスク
◆資本主義からファンド資本主義へ
◆投資ファンドの四分類
◆我々は既に「外資ファンドの投資家」
◆企業価値とホリエモン・チャート
◆株価指数
◆米国債
◆ジャンクボンドとハイイールド債
◆ボラティリティとベータ値
◆アルファ値
◆決定係数(アールスクエア)
◆ファイナンシャルプランナー
◆先物取引とオプション
◆利回り・利回格差・利回曲線
◆ROE・ROA・ROI
◆アセット・アロケーション(資産配分)
◆ファンド会社(投信会社/投資会社)
◆逆張り投資家・コントラリアン
◆信用格付け・債券格付け
◆政策金利とコールレート
◆マネーサプライ
◆金利と利回り
◆インターバンク市場
◆リスクこそが利益の源泉
◆オフショア市場
◆デリバティブ
◆外貨預金のリスクと外貨建てMMF
◆債券(公社債)市場
◆外債とデュアルカレンシー債
◆金融商品の性質
◆投資信託
◆預金保険制度とペイオフ
◆金本位制とドル本位制
◆固定相場制と変動相場制 
◆国際通貨体制の歴史

   

 橘玲著「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

タックスヘイブンとは、直訳すると、「租税回避地」で、所得に対して税金がかからないか、税率が極端に低い国のことで、大半はカリブ海や、南太平洋、ヨーロッパ周辺の島国です。
 
 ほとんどの国は、観光以外に何の産業もない貧しい国で、資産課税や法人税を無税にすることで、世界中から金融機関や事業法人を誘致し、機関投資家や事業法人を誘致し、富裕層の資金を呼び込むことができれば、雇用が発生し、経済が活性化します。

 失うものが何も無い以上、「無税化」は合理的な選択なのです。

 こうして世界には多数のタックスヘイブンが生まれ、巨額のマネーを吸い寄せています。

 海外への資産逃避を防ごうとすれば、先進諸国も対抗して税率を
 下げざるを得ません。
 逃げ足の早い金融資産への重課税は、特に困難です。

 そのうえ、世界最大の金融マーケットをもつアメリカが事実上のタックスヘイブン政策を行っていることで、話がさらに複雑になります。

 アメリカは国民総背番号制を実施し、個人のタックスヘイブン利用を厳しく監視する一方、海外資金を自国のマーケットに呼び込むために、非居住者(外国人)の投資家に対し、銀行預金の利子や、株式・債券の譲渡益を無税にするなど、さまざまな優遇税制を実施しています。

 金融市場シティを有するイギリスも、同様のタックスヘイブン政策を行っているため、OECD諸国の有害税制対策も、足並みを揃えるのは容易ではありません。


 「海外ファンド通信No.11」にも書きましたが、本年6月27日の日経に『先進各国が、海外金融取引課税強化に乗り出す』記事が載りました。

 アメリカ、イギリスなどのOECD加盟国は互いに租税条約を締結しているので、税務当局同士が情報交換をしている。
 特にアメリカ内国歳入庁IRSは、少しでも不審な口座があると、頼んでもいないのに勝手に各国の税務当局に情報を流しているそうです。

 プライバシー侵害を嫌う人は、日本と租税条約を結んでいない国の金融機関を利用することで、自らの権利を守れます。

 しかし、実施には、上記の国益がぶつかり合い、多くの困難が予想されます。

 私見ですが、もしもタックスヘイブンの情報開示が行われれば、その国からのキャピタルフライトが起こり、打撃は計り知れないでしょう。
 
 従って、主権国家の制度が維持される限りは、開示は行われないと考えますが、いかがでしょうか?


 

★★★★★★ スマートマネー流・優良ファンド選択法  ★★★★★★
           スマートマネー流株式選択術 (ピーター・フィンチ著)

 本著では、主に米国の株式ファンドに投資するにあたり、五つの重要な項目を挙げています。
 この考え方は、投資の基本であり、日本の投資信託を買う時にも当てはまるし海外ファンドを購入するにあたっても、重要な判断です。


      1.自分の投資目的を明確にする
      2.長期にわたるパフォーマンス(運用成績)をチェックする
      3.ファンドのリスクとボラティリティ(変動率)を評価する
      4.手数料と税金を最小限に抑える
      5.担当のファンドマネジャーを知る



1.自分の投資目的を明確にする

 優良ファンドの追跡調査を始める前に、まずその金は何のための金なのかを把握しておかないといけない。

 例えば、退職後に備えてお金を蓄えるつもりなのか、家の頭金にするために貯めておいたお金なのか、投機目的でボーナスをはたいて、中国に賭けてみるのか。

 その答えによってそれぞれの方向性が見えてくれば、最適なファンドの範囲をかなり狭めることが出来る。
 目的がはっきりしない場合でも、せめてアセットアロケーション資産配分)の計画くらいは立てておこう。

 多くの調査結果が示しているように、適切な資産配分はリターンを最大化する上で非常に重要なのである。

 資産配分を決めるにあたっては、どのくらいまでリスクを取れるか、ということも判断材料の一つとなる。
 また、お金を必要とする日が先であればあるほど、積極的な運用が出来る。

 それに、相場の乱高下にどれだけ耐えられるかということも検討しておかないといけない。
 例えば、ファンドが一ヶ月で5%か10%値を下げてしまったとしたら、夜、あなたは眠れるだろうか。

 眠れなくなるようだったら、ラテンアメリカや東南アジアに集中投資しているようなエマージングマーケットファンドのような特にボラティリティの高いファンドは買わないことだ。
 ハイテク関連の業種別ファンドも、リストから外しておくべきだろう。




海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO