海外ファンド・FX・株式等の投資活動に必要な基礎知識

 学校では決して教えないことですが、お金に関する知識の有無は、人生を左右すると言っても過言ではないでしょう。
 投資活動(海外ファンドFX・外国為替取引、株式投資等)に不可欠、或いは知っていた方が有利な基礎知識を集めました。

【ロールオーバー】

   原則として、取引日から2営業日後が資金受渡し日である
  外国為替スポット(直物)取引について、スワップ・ポイントを加減して、
  その資金受渡し日を翌営業日以降に繰り延べること。


   端的に表現すれば、無期限自由満期預金、あるいは、
  自動継続1日定期 といったところか?

   このロールオーバーのおかげで、手間無くスワップ金利を拾得できる
  ことになります。
   為替手数料が安く、売り買いのスプレッドが狭いFX取引において、
  毎日のロールオーバーが自動的にできるのは、最高の魅力です>^_^<

   ただし、ロールオーバーは毎日ですが、そのスワップを現金で口座に
  組み入れるか、組み入れないか、は業者によって違います。

   太平洋物産、FXオンライン、セントラル短資は、毎日金利収入で
  現金残高が膨らんでいき(余裕資金の出金も可能)ますが、
  FXプライムでは、値洗いが膨らむだけです。

   FXプライムでのスワップポイントを財布に入れるには、建て玉を
  手仕舞いする必要があります。
  (この時に、未払いとなっている取引手数料も清算される)



   ところで、このロールオーバー金利は、通貨によってはもちろん、
  業者によっても異なります。

   私の取引先では、太平洋物産≒FXオンライン、少し低いのが
  セントラル短資≒FXプライム といった感じです。
   (各社のスワップは一定ではなく、不定期に変動しますから、
  厳密な順序ではありません。)
   特に、FXプライムは比較的変動が激しい(=毎日正確に算定している)
  ようです。

   ロールオーバーのタイミングは、ニューヨークの引け後の会社が
  ほとんどのようです。   

   
 ■FX気まぐれブログ   →外国為替証拠金取引とは        →私のトラップトレード      →トラップトレードその2
             →投資の基本方針            →潮力発電所のようなシステム売買 →FXの相場感覚
             →何の兆候かしら?           →深く潜行中           →恐ろしい急落と急騰 
             →スワップポイントとは         →両建ても研究の余地あり     →使ってみました!FXオンライン・デモシステム
             →使ってみましたヘッジ取引       →日本国破産宣告         → FXオンラインの弱点 
             →休日にも残高等を確認したいとき    →ヤバイ!ヘッジ玉まであと5銭  →ヘッジ玉作動 
             →ヘッジ玉を損切り           →損が膨らむ快感!        →売りヘッジ玉、急落で手仕舞い!
             →ドル円急落で売りの練習        →FXトレーディングメソッド    →28日15:00時の急落でヘッジ玉手仕舞い
             →両建て不利とは言い切れないかも?   →両建て出来るFX会社       →システム売買とは呼べない
             →相場の心構え・待つこと        →ヘッジ玉でアウト!       →ヘッジ玉、損切り! 
             →気楽な家業ときたもんだ!       →キャリートレードの真髄     →今度は買いで取ってみましたが?
             →このやり方なら勝てるかも?      →FXの公理            →長い目で見てこれが正解?
             →トレーリングストップが武器?     →ストップロスのレベル設定    →FX・良いナンピンの具体例
             → 外国為替証拠金取引・FXパーフェクトマニュアル001            →私の気まぐれブログ・FXって面白そう!
 
              →FX業者比較

海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO