FX(外国為替証拠金取引)を学ぶ投資の基礎知識を集めました
           <外国為替取引の基礎知識>

<FX(外国為替証拠金取引)・基礎>

【私のトラップトレード】


   FXは、「原則論としてナンピンをしてはいけない」、といわれています。
  しかし、相場技術論者の私は、「一概にナンピンはダメ」とは
  言い切れない場面に何度も遭遇しております。


   長期相場には、国のファンダメンタルズが影響するため、
  ナンピンがより被害を拡大させる可能性大です。

   短期的な相場に勝つには、計画的なナンピン(分割売買
  が有利と考えます。

   なんとなれば、FXの場合、レバレッジの自由度の高さから、
  容易にナンピンで平均値を有利にできるからです。

   理想といわれる、1カイ、2カイ、4カイの分割さえ、恐怖心を
  あまり持たずに建て玉できるでしょう。
   相場の変動幅(ボラテリティ)の低さも、分割売買の有利さを
  助長します。


   例えば、ドル円の年間変動110円から120円の10円幅とします。
   この時に、資金150万円、1円ナンピン、max買い玉10万ドル
  としますと、買い平均値が115円。
   マージンコールまで、大雑把に10円程度?(105円まで)の余裕。

   これで、黙っていても年間36.5%の利益が転がり込みます。 
      150円 X 10 X 365 = 547500円
      547500 ÷ 1500000 = 36.5%
  キャリートレードというものも、侮れないでしょう>^_^<


   これに加えて、ナンピンの建て玉を1円幅で手仕舞いした場合は
  いかがなことになるでしょうか?
   というのが、私のトラップトレードの発想です。

   手法は、短期的な結果だけでは評価できないと考え、
  現在検証を継続中です。

【FX両建てのさわさわ戦略】

   限りある資金で、収益機会の最大化を狙い、売り買い両建てのポジションを構築しました。
   さわさわ戦略には、階段状に買い玉を分散し、変動を収益に結び付けられる攻撃範囲と、
  その範囲以下に下落した場合、スワップポイントのみでロスカットに耐える守備範囲があります。

   私の場合、豪ドル/円では、攻撃範囲は104〜80、守備範囲は79〜60、60以下は
  部分的損切りでポジション減の計画でした。

   さわさわ戦略の根幹は、変動を機械的に収益にすること。
   私の計画では、80円以下では、いかにおいしそうな変動があっても指をくわえて
  見ているだけ、となります。

   今回の急な円高を100年に一回の例外と表現する方もおられますが、
  たとえ1000年に一回の変動であろうとも、強制ロスカットは避けねばなりません。

   そこで、売りポジションでトラップトレードを仕掛けてみました。
   スワップポイントの累積効果を分かっているつもりですから、「高金利通貨を売る」と
  いうのは、心理的抵抗があります。
   反面、「上げは買いで取り、下げは売りで取る」という相場の常識通り、の行動
  ともいえます。下げトレンドが続いていればの話ですが(-_-;)

   留意すべきは、急激な円高に対する急激な戻りです。
   少なくとも過去の2年間の日足を見る限りでは、底で急激に反転する場合が
  ほとんどです。

   もしも、円安へのトレンド転換なら、損切りが必須です。
   このため、売りポジションは数本と、ごく控えめにしなければなりません。

   笑い話みたいですが、24日に建てた売り玉が、早速28日の高騰に会い、
  損失拡大中です。
   でも、なぜか冷静に見ていられます。

   「損が広がる快感!」と書くと、相当な変人と思われますが、売りポジションの
  損が広がるということは、その数十倍有る買いポジションの利益が拡大している
  ことですから、愉快なのです。

   「トレンド転換を検知するアンテナとして、反対玉を持て!つなぎ売買)」
  という相場生活者は多い。
   実は、この感覚は持って見ないと分かりません。
   頭で理解することとは、違う感覚です。

   買いポジションと同時に「売りポジション」を持つメリットは、上述の資金増なしで
  収益機会を広げ、トレンド検知のアンテナとなり、さらなる下落へのセーフティネットと
  なること。

   デメリットは、急激な戻しで損切りが必要になること。
   売り玉を仕掛けた範囲の持ち合い変動回数(収益幅)が少ない場合、
  トータルで損の上塗りになるリスクがあります。

 ■FX関連情報      →FX(外国為替証拠金取引)       → FX基礎・リスクの種類      →FX基礎・スワップポイント 
             →FX基礎・ビッドとオファー       →FX基礎・レバレッジ        → FX基礎・ロールオーバー 
             → FX基礎・成行注文           →FX基礎・指値注文        →FX基礎・逆指値注文
             →FX基礎・イフダン注文         →FX基礎・OCO注文         →FX基礎・IFO注文
             →FX基礎・GTCオーダーとデイオーダー   →FX基礎・自動ストップロス    →デリバティブ
             →通貨当局の介入と為替レート      →購買力平価説          →実質為替レート
             →金融市場の旨み            →通貨オプション         →通貨先物
             →市場反応は一筋縄ではない       →国際通貨制度の機能と背景    →金本位制のメカニズム
             →ブレトンウッズ体制          →固定相場制           →ニクソンショック
             →日本の通貨政策1           →日本の通貨政策2 
             →景気とは               →個人向け国債元本割れなくす   →経済成長率
             →景気動向指数             →景気循環            →景気循環に関する理論
             →景気対策の根拠と方法         →金融政策と景気         →消費者物価指数・CPI
             →卸売物価指数とGDPデフレータ      →物価変動と資産価値       →インフレの原因と問題点
             →デフレの原因と問題点         →預金封鎖の可能性        →スタグフレーション

 ■FX気まぐれブログ   →外国為替証拠金取引とは        →私のトラップトレード      →FX・良いナンピンの具体例
             →投資の基本方針            →潮力発電所のようなシステム売買 →FXの相場感覚
             →何の兆候かしら?           →深く潜行中           →恐ろしい急落と急騰 
             →スワップポイントとは         →両建ても研究の余地あり     →使ってみました!FXオンライン・デモシステム
             →使ってみましたヘッジ取引       →日本国破産宣告         → FXオンラインの弱点 
             →休日にも残高等を確認したいとき    →ヤバイ!ヘッジ玉まであと5銭  →ヘッジ玉作動 
             →ヘッジ玉を損切り           →損が膨らむ快感!        →売りヘッジ玉、急落で手仕舞い!
             →ドル円急落で売りの練習        →FXトレーディングメソッド    →28日15:00時の急落でヘッジ玉手仕舞い
             →両建て不利とは言い切れないかも?   →両建て出来るFX会社       →システム売買とは呼べない
             →相場の心構え・待つこと        →ヘッジ玉でアウト!       →ヘッジ玉、損切り! 
             →気楽な家業ときたもんだ!       →キャリートレードの真髄     →今度は買いで取ってみましたが?
             →このやり方なら勝てるかも?      →FXの公理            →長い目で見てこれが正解?
             →トレーリングストップが武器?

海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ

 

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送