FX(外国為替証拠金取引)を学ぶ投資の基礎知識を集めました

       <外国為替取引の基礎知識>  

 関連記事 【日本の通貨政策1】

FX(外国為替証拠金取引)
FX基礎・リスクの種類
FX基礎・スワップポイント
FX基礎・レバレッジ
FX基礎・ロールオーバー
FX基礎・成行注文
FX基礎・指値注文
外国為替証拠金取引とは
私のトラップトレード
FX・良いナンピンの具体例
投資の基本方針
潮力発電所のようなシステム売買
FXの相場感覚
何の兆候かしら?
深く潜行中
恐ろしい急落と急騰
スワップポイントとは
両建ても研究の余地あり
使ってみました!FXオンライン・デモシステム
使ってみましたヘッジ取引
日本国破産宣告
FXオンラインの弱点
休日にも残高等を確認したいとき
ヤバイ!ヘッジ玉まであと5銭
ヘッジ玉作動
ヘッジ玉を損切り
損が膨らむ快感!
売りヘッジ玉、急落で手仕舞い!
ドル円急落で売りの練習
28日15:00時の急落でヘッジ玉手仕舞い
両建て不利とは言い切れないかも?
両建て出来るFX会社
システム売買とは呼べない
相場の心構え・待つこと
ヘッジ玉でアウト!
ヘッジ玉、損切り!
気楽な家業ときたもんだ!
キャリートレードの真髄
今度は買いで取ってみましたが?
このやり方なら勝てるかも?
FXの公理

金融市場の旨み
外国為替証拠金取引・FXパーフェクトマニュアル001
FXトレーディングメソッド
私の気まぐれブログ・FXって面白そう!

通貨オプション
通貨先物
市場反応は一筋縄ではない
国際通貨制度の機能と背景
金本位制のメカニズム
ブレトンウッズ体制
固定相場制
ニクソンショック
日本の通貨政策1

         「図解雑学 通貨と経済」 野村重治 著

●日本の固定相場制時代
 
    1949年に、日本は、1ドル=360円と設定された
  固定相場制を採用します。
    日本では、1950年代から60年代の半ばまで、経常収支
  が黒字になれば金融拡大政策を採用して前進し、経常収支
  が赤字になれば金融引き締め政策で立ち止まる、という
  ストップ・アンド・ゴー政策が採られていました。

    これは、外貨が充分にあるときには原材料をどんどん
  輸入して生産を拡大させ、外貨準備が不足するといったん
  立ち止まるという政策です。

    1960年代後半になると、世界的にインフレ気味になります
  が、日本では物価が安定していたので、経常収支子黒字が
  累積するようになりました。
    この頃には、円の切り上げ予想が起きましたが、政府は
  円の切り上げによる不況を危惧し、為替レートの維持に
  努めます。
    政府は、経常収支黒字を小さくしようとして、意図的に
  インフレに誘導する調整インフレ政策を行いました。
    しかし、ブルトンウッズ体制は崩壊し、1ドル=308円に
  切り上げとなりました。



●ニクソンショック後の国際通貨体制

    ニクソンショック後、1971年10月から1973年2月までは、
  変動幅を拡大した固定レートを設定しました。
    これをスミソニアン体制といいます。


    ドルは、1ドル=35オンスから38オンスへと切り下げられ、
  日本の円は、1ドル=308円で変動幅は上下2.25%に設定
  されました。
    しかし、アメリカの国際収支悪化は止まらず、このレート
  においても市場の混乱を収めることが出来ませんでした。

    スミソニアン体制は長くは続かず、主要国は変動相場制
  に移行することになります。
    変動相場制は、1976年にジャマイカのキングストンで
  開かれたIMFの暫定委員会で正式に承認され
  (キングストン合意)、ここで金の廃貨も決定されました。
    これが、現在まで続く変動相場制の始まりです。

最新ビックバンFX-6★リアル・トレード・バージョン2◆自動切換式トリプルPT+ISL搭載◆
最も権威のある学術評価書・E-BOOK白書2006〜2007歴代ベストセラー投資商材★最高評価★『A』獲得!

☆FX(外国為替証拠金取引)はじめの一歩入門
☆外国為替必修講座

     
海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取法サイトマップTOP
FX(外国為替証拠金取引)Map|FX(外国為替証拠金取引)マニュアル・Map海外ファンド活用法Map株式相場技法うねり取りMap


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO