株式投資・相場技法の基礎知識

 株式相場の世界で、安定した利益を出し続けるには、組織力に頼るか、相場技術を身に付ける必要があると云われています。
 そんな相場技法(理屈でなく売買できる力)を身に付ける方法と、株式投資の基礎知識集です。

 関連記事 【メールサポート:投資の常識】  
◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

株式投資の基礎知識
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

投資の常識

各位 様

 みなさま、こんにちは

 本日は、投資の常識について、お話致します。
(釈迦に説法となって、ごめんなさい!)
 極端な表現になっておりますので、そのつもりでお読み下さい。


<情報は、操作されている>

 興味深い質問があります。
 ジャーナリストに「報道機関は、真実を報道していると思いますか?」と聞くと、ほとんどの記者は、いいえ!と答えます。(嘘の実態の自覚有り)
 ところが、質問を変え、「あなたは、真実の報道をしていますか?」と聞くと大部分が、イエス!と答えるそうです。

 死語になってしまいましたが、「無冠の帝王」という言葉は、新聞記者の真実を伝えようとする、気概を表わしていたと思います。
 残念ながら、日本の報道は、ほとんどが、スポンサー(政府、政党、機関、会社、組織・・)の意図通り民意を導くもの、だと警戒しておく必要があります。

 報復が怖くて?あまり報道されませんが、A新聞の捏造記事には、明らかに何らかの意図を感じます。
 中国政府との報道協定も有るらしいですね。

 「SAPIO」なんかは、比較的真実報道に近いかも?
 (普通の人から見れば、右寄りかな??)

 言論の自由とは、真実を言わなければならない、ということを意味するのではなく、嘘を言う権利も、或いは好ましいとは言えない話を伝える権利も守っていることを、自覚致しましょう。

 従って、上場会社に関する新聞報道にも、脚色の可能性を承知しながら読む必要があります。
 極端な例ですが、例えばL社が危ないという情報を読んでも、L社が認めない限り、「危ない」とは報道できないのです。
 もし、報道したら、営業妨害で、告訴されます。

 利益見込みについても、会社側の出した数字を変えるには、スポンサーを失う覚悟が必要です。
 そんな気概のある新聞社は、現在の日本には存在しません。
 従って、利益見込みも、事業戦略も、分析記事も、「会社の希望的観測は、こうなんだ」と、冷静に見る癖をつけましょう。


 カレル・ウォルフレン教授の著書に、「民は愚かに保て」があります。
 TVのバラエティ番組の、数も放送時間も伸びているのをみて、私の嘆きです。

 ・なるほど、愚民政策は大成功を収めている。
 ・この調子でいけば、利権政治家も、税金で私欲を肥やすキャリア官僚も、インサイダー情報でしこたま儲けている金融機関も、しばらくは、安泰ですね〜(笑)


  
 

海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ