【メールサポート:勝ち続けるには】

各位 様

 こんにちは

 相場には、いろんなやり方があり、勝ち続けている方がおられます。
 今回は、「¥塾」ホームページより、
 「オプションディーラー yanta氏インタビュー」の中で、印象に残ったお話を致します。
http://trading.enjyuku-ri.com/interview/yanta/list.html

 ご存知の方も多いと思いますが、
  「¥塾」とは、投資家啓蒙を目的とする組織。
 メルマガ: http://www.mag2.com/m/0000111350.html

 私は、オプションの知識は全く無いのですが、「相場で勝ち続ける投資家の特徴」には、賛同し、皆様にも、是非知っておいて頂きたいと存じます。
 できればインタビュー原文をお読みになり、勝ち続ける真髄に触れて頂きたいと存じます。→http://trading.enjyuku-ri.com/interview/yanta/list.html

 《》内は、私見です。

  ・yanta氏の安定したパフォーマンスは、オプションの売りと買いを組み合わせた、スプレッド取引にある。
  ・流動性の問題から、日経225オプションは、スプレッド取引に向かないという通説を覆し、安全かつ着実に、オプション間の鞘を抜き続け、そして収益を積み重ね続けている。
  ・結果を出している先輩ディーラーからスプレッドというアイディアはもらったけれど、自分自身でマーケットを見ながら、新たなサヤ取り手法に気がついた。

 《安定した収益を続けるには、安定した”より所”が必要

 yanta氏は、日経225先物とオプション間に、生じた歪が、元に戻る必然性?に気付き、その歪を利用する方法を考案した》
  ・日経225先物取引!始める前にまずは貴方の疑問にお答えします!

  ・普通の商売と一緒。売上げを伸ばして原価を抑えて、1円でも2円でも稼ぎにいく。 そういうところを大事に出来ない人が、大きく利益をとることは多分無理だと思う。

  ・ある投資法をやっている人に話を聞いて、自分でどれだけ掴めるか、というのは自分の努力次第。自分で本を読んで学んできたり、いろんな話をしたり、そういう蓄積があって、何か聞いたときに、 その中の一つが反応して、良い手法が見つかる。何にも蓄積がなかったら、多分ムリだと思う。

 《月足を300枚書いたり、場帳と日足グラフを書き続ける努力の積み重ねが、成果と自信を生む》

  ・ファンダがいいとか、テクニカルがいいとか、長期がいいとか短期がいいとか。そういう争いごとをしていること自体が不毛だ。それよりも自分である程度性格に合ったやり方を早めに見つけること。

 《皆様の場合は、うねり取りを選択された?
 次は、銘柄の選定→場帳、グラフによるうねりの感覚の習得→練習売買による相場感覚の確立→分割売買による収益増大法、を学んで頂きます》

  ・売買のファンダとかテクニカルのやり方よりも、入り口と出口、自分の決めたルール通りに出来ているか、というのが、重要。
  ・実際に買ってみて、その時の精神状態などを克服して、損切りとか出来るのは第一段階。損切りが出来るのは、当たり前のことなんだよ。相場で生き残っていくためにはね。
  ・そこを早めにクリアして、その段階から今度はいかにリスクを取るかが大事だし、そこに厚い壁がある

 《頭では、誰でも納得する「損切り」が、(人の感情の弱さゆえ)実地には出来ないのです。損切りは、生き残る必須技術です。次の段階の、「リスクを取る」にしても、度胸だけでは、無謀です。練習売買で積み重ねた経験・自信があって、初めて大きな建て玉を安定した心理で、できるようになるのです》

  ・そのセミナーを聞けば絶対儲かるようになるとか、この本を読めば絶対儲かるというのはない。その一つ一つの中で、多分一箇所でも二箇所でも潜在意識の中に入っている。それが色々組み合わされて、あるときに出てくる。そのインプットがないと、アウトプットもない。インプットを多くして、アウトプットを出すように、努力する。
  ・「相場勘」っていうのは一番上にあるもので、今までの経験とか、いろいろ考えてきた中での蓄積で、潜在意識の中から浮かんでくるもの。

 《相場感覚は、個人に依存するもの。他人頼りは絶対にダメ。厳しいようですが、相場は個人でするものです。資金が何億になろうと、個人で動かさねばならないのが相場。そのためには、常に努力を続ける必要があるのです》

  ・マーケットが効率的だとか、あんなのは全然うそ。ゆがみは絶対ある。
  ・どんなに稼いでいる人でも、調子が悪くなって退場することはあるけど、10年勝ち続けている人がいる現実を見ると、マーケットに勝てないという幻想だとわかる。偶然だったら、確率的にありえないことだよ

 《yanta氏の信念でもあり、ヘッジファンドが収益を上げ続ける理由であり、我々個人相場師も収益に自信をもってよいはずですね。》

  ・個別株は、225先物とオプションのように、しっかりと連動しない局面もあると思うから、注意が必要だね。

 《株式異銘柄裁定(サヤトリ)に興味をお持ちの方へ。日本の株式サヤトリの第一人者、栗山浩氏の相場技法も、学んで下さい。ホームページの真摯な説明に、納得されることでしょう。こちらの方が、理論的根拠が強いかも》

  ・負け続ける個人投資家の決定的な要因は、
   ●まず自分の頭で考えていないこと。人の話を鵜呑みにしてはダメ。推奨銘柄とか、そのやり方を使えば儲かるとか、安易に考えていては、いつまでたってもダメだ。
   ●次の段階として、検証をしっかりやっているかという問題があると思う。勝っている人っていうのは、システムトレードがいい例だけど、自分で納得がいくまで検証している。勝つためにはやはり、人並み以上の努力は必要だし、やり方なり、戦略なりを自分なりに頭で考えることをしていかないと駄目。甘い世界ではない。

 《最終的な勝ち組になるために、心しておきましょう》

  ・根本的な問題として、「相場が好きかどうか。」やはり好きでないと強くはなれない。 まず好きになることが重要。
  ・その後の第一段階は、自分が決めたルールをしっかり守ること。勝ち続けるためには、臆病になっては駄目だし、かといって傲慢になっても駄目だ。マーケットに絶対はないということ。大抵大きくやられるのは、大勝ちした後。

 《皆様は、根本的な問題はクリアされてますね。
  次は、ルール作りと守ること。
  建て玉が小さい練習売買の内に、是非とも「損切り」を身につけて下さい。
  それから、儲かり続けた後の建て玉が、どうしても甘くなります。
  ご注意下さい! あぁ、何回反省したことやら・・・(泣) 》

【株式相場技法】
◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

【株式投資の基礎知識】
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO