【メールサポートQ&A:平均値の求め方】

【ご質問です】

 現在、銘柄は2つに絞り、2年間の日足の折線グラフを書き終わりました。

 もっとグラフを書いてみたいと思い、立花さんの本「あなたも株のプロになれる」の場帖を折線グラフにして、売買記録と照らし合わせて立花さんがどのような売買をしたのかを見てみる事にしましたが、建玉の平均値を求めるのに苦労しています。

 初めは合っていると思うのですが、分割売買、分割手仕舞い、となると訳がわからなくなってしまいます。
 恥ずかしながら、計算が苦手で・・・一応平均値?らしきものは出るのですが、それが合っているのかもわからない状態です。

 どのように計算すればいいのでしょうか?
 簡単な方法があれば、具体的に教えてください。

 よろしくお願いします。

-----------------------------------
【お答え致します】

 銘柄の絞り込みが終わったとのこと。
 面倒な、第一段階卒業、おめでとうございます。
 早速、場帖(=場帳)とグラフの記入を継続して下さい。

 なおかつ、立花さんの売買に興味を惹かれたということは、相場感覚を場帖から得られ、建て玉の方法で波に乗ることを覚えようとしてされてます。
 すばらしいですね(*^_^*)


●立花さんの売買について
 実は、私も立花さんの本から場帖を作成し、折れ線グラフを引き、そのグラフに建て玉と残玉を記入、研究したことがあります。

 その時に得られた感想は、★リズムで玉を入れ、リズムで反対玉を建てているので、リズム取りと言えなくもないが、本玉、乗せは60日(30日〜60日)周期のうねりで手仕舞っている。
 ★結局、立花さんは、リズムで玉を建てることで、自身の相場観を確認し、その後、本格的な玉でうねりを取ることを持ち技とした相場師と考えています。


 さて、ご質問に関してです。
 私はご質問者のように、平均値の算出までは、悩まなかったですが、建て玉の手仕舞い順については、一定の法則(建て日順、単価益順、単価損順)は読み切れず、時々の好みかな?と思いました。
   
 ご質問の、「初めは合っていると思うのですが、分割売買分割手仕舞い、となると訳がわからなくなってしまいます」というのは、よく判ります。

 私も、増し玉時は計算しますが、分割手仕舞いを始めると面倒になり、空欄のままにすることが、よくあります。
 また、現物株は、建て玉ごとに個別に手仕舞い指定できませんので、今は、証券会社の口座から得られる平均値を使っております。


●平均値計算について
(1案)建て玉を個別指定で考える(独断で決める)

 単位数  単価  残玉  平均値  の順で書きます
@ -1   100   -1   100
A -2   90   -3   93.33

 ここで、1単位手仕舞ったとした時、その玉は 100 円の玉と勝手に決め付けます。すると
  1-   ???   -2   90.00 となります。

 いや、私は、90円の玉を手仕舞ったと決めた方は、
  1-   ???   -2   95.00 となります。

 立花さんの平均値の算出は、この方式と思われます。

 しかし、実戦に移ったときに、現物株複数銘柄の一部を売却した場合、値板と玉帖(玉帳)の間に矛盾を生じ(利益が出ているなずなのに、損失、或いはその逆もあり)、なんとも気持ちが悪い。
 なぜなら、証券会社からの売買報告書は、現物買値の平均値を用いて損益を算定されているからです。  (手数料は当然として、加えて、特定口座源泉徴収の場合は、国税7%、地方税3%が加算)、値板と玉帳の矛盾を無くすには、(2案)を採ることになります。


(2案)買値平均値で、売却計算
 この場合は、
 (残玉数X残玉の平均単価+追加購入の玉数X購入単価)÷(残玉数+追加購入数)
が新たな平均単価となるわけです。

具体的には、
 単位数  単価  残玉  平均値  の順で書きます
@ -1   100   -1   100
A -2   90   -3    93.33

 ここで、1単位手仕舞ったとした時、平均単価93.33円 の玉が2単位残ります。
すると
  1-       -2    93.33 となります。

次に、3単位を80円で買ったとしますと、 
  -3   80   -5    85.33 となります。
 《 ( 2 X 93.33 + 3 X 80)÷(2+3)=85.33 》

 ※信用取引の場合は、個別建て玉に対する手仕舞いとなりますので、どの玉を手仕舞ったのかを悩む必要はありません。
 万一、判らなくなったとしても、信用取引の建て玉詳細(建て玉一覧)から平均値を算定できます。


(3案)ネット口座情報活用
 ネット口座の情報を見れば、値板はリアルタイム、玉帳は1日遅れ(証券会社により異なる?)で、正確な数値が入手できます。
 現物株の場合の平均値は、手数料まで考慮に入れて、画面に出ていますね。
 特に玉帳の記入では、メリットがあります。
 電話取引していた時代は、聞き間違えや記帳間違えがあり得るため、各自の玉帳管理が必須でした。
 しかし、ネットで直接指示し、コンピュータが計算するようになった今では、少し活用法が変化してきたかも知れません。
 特に、現金残高は、税金控除後の数値がわかるため、重宝しております。


★★★重視すべきは、相場感覚★★★

 玉帳等の記入が楽になった分だけ、相場感覚に集中できる環境が整ったのは、相場をする側からすれば良いことですね(*^_^*)

 釈迦に説法となるかもしれませんが、「”平均値”は、相場観には使わない」 ことを、強く意識して下さい。

 この時に使うのは、場帖とグラフのみです。
 この場合の相場観とは、上がろうとしているのか、下がろうとしているのか、下げ止まりの兆候はあるのか、上げ止まりの兆候は出たのか・・・です。

 この感覚をつかんだ後に、資金配分、建て玉数と”平均値”から、本日の建て玉を決めるのが、日課となります。
 値板を見ずとも、記憶の片隅に入っていて、相場観に希望的観測が入り易いものです。

 修行僧ではないですが、無我の境地でグラフを見ましょう (^0_0^)

【株式相場技法】
◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

【株式投資の基礎知識】
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO