【メールサポートQ&A:損切り】

【ご質問です】

 建て玉が失敗であったと判断した場合、直ちに損切りする様にと書かれていますが、買い玉であれば売り手仕舞いするのでしょうが、その場合も、高い日の朝、寄り付きに売るのでしょうか?

-----------------------------------
【回答致します】

○○ 様

 ご質問、ありがとうございます。

 おっしゃる通りです。「損切り」は、翌朝寄付きで成行き手仕舞いして下さい。

 ご質問の方は、「売りは、高い日の翌日。買いは、安い日の翌日」、という大原則をご存知の上で、

 (1)「その原則に反する行動を取るべきか否か?」
 (2)「安い日を待てば、少しでも損金額が減るのでは?」
という意味を含めた質問と、理解しました。
(もし、間違っておりましたら、再度ご質問下さいね)

 心理的に、抵抗が大きいことは承知の上で、言いますね。
損切り」は、大原則に反する行動が必要です。

 これから、経験されるに従って、納得されるはずです。
 私も、何度悔しい思い、不甲斐なさを感じたことやら。「おかしい」、「だめかな」と思った時点で、損切りしておれば、こんなに損金が膨らまなかった!! と反省しきりです。

 僅かの金額を惜しんで、損切りを指値したことも有ります。
「損切り」を決断しながら、「指値」して、売れなかった。
この後、なにが起きると思いますか?

 驚くべきことに、その後の打つ手、打つ手、全てが外れになるのです。
 手を打つ度に、損害が膨らむのです。恐怖心に陥ります。
 信じられないでしょうが、人間の心理は微妙なものです。

 逆に、「おかしい」→成り行き手仕舞い をした後は、その後、すぐ損金を取り戻せる場合が多いのです。

 皆様は、銘柄選択が終わりましたら、すかさず、場帳日足グラフ 記入を始め、相場感覚の養成をして頂きます。
 既に、日足グラフを数銘柄描かれている方は、検証してみて下さい。
 例えば、下値抵抗線を超えて下押した時、意外に深く沈んでいませんか?

 株価は、感情で動くのです。
 下値抵抗線を超えると、「半値になってしまうのではないか」、という恐怖心が芽生えます。
 これが、深く沈む理由です。
 この時に、何らかの理由で損切り出来なかったら、あなたにも、恐怖心が芽生えるのでは?
 
 「損切り」は、誰でも理解しますし、誰でも知っています。
 ところが、「出来る」人は稀少です。
 相場で資産を築くには、絶対に「出来る」ようになる必要があります
 4単位の資金で練習中に、1回でも経験すれば、出来るようになるでしょう。
 
 「損切り」は理屈でなく、技術です。
 出来なければ、「生き残れない」位の決心で、望んで頂きたい。

【株式相場技法】
◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

【株式投資の基礎知識】
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO