株式投資・相場技法の基礎知識

 株式相場の世界で、安定した利益を出し続けるには、組織力に頼るか、相場技術を身に付ける必要があると云われています。
 そんな相場技法(理屈でなく売買できる力)を身に付ける方法と、株式投資の基礎知識集です。

 関連記事 【メールサポートQ&A:相場技法習得期間】  
◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

株式投資の基礎知識
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

相場技術習得期間

【ご質問です】

----- Original Message -----
Subject: プロまでの期間

>  先日、eーBOOKを購入しました者です。
  うねり取りの基本から勉強しおります。
>
> 建て玉の時は、希望的観測で建てていますが、どの位の期間で
  慣れてくるのでしょうか?
>  尚、現在のところ、証券会社には300万円預けていますが、
  これで生活していくのには、資金はいくらぐらい必要でしょうか?




【回答致します】

○○ 様

 こんにちは

 ご質問、ありがとう御座います
質問項目を要約させて頂きますと、
【Q1】「うねり取り」技術を習得する期間は、一般的には、どの程度なのか?
【Q2】「うねり取り」の利益だけで生活するには、資金はどの程度必要か?
という理解の上で、回答いたします。



【Q1:うねり取りの習得期間は?】
  技術習得期間については、あなたのご想像通り個人差が大きく、標準的な習得期間というものは、存在しないと考えられます。

  林先生のご著書では、最短1年で、勤めをやめて独立された方の話が載っておりました。
  また、私は、交際範囲が狭いため、データを収集できる立場に有りません。



  従って、私個人だけの事例で、回答致しますと、「銘柄固定うねり取り」の本格的売買を開始して、自信がつくまで、約3年かかりました。

  恥ずかしい話ですが、その前段が長いのです。
  前段は、優良株を手がけたり、株主優待に魅かれたり、複数銘柄の方が、動きが良さそうと追っかけたりしました(汗)。

  皆様は、その試行錯誤のロスなしに、最短ルートを登ることになります。


【Q2:生活できる資金量は?】
  この質問者の方は、既にご存知のことだと思いますが、初めての方もおられますので、あえて定量的に表現しますと

     資金量 X 収益率  >  生活費

  現実的には、
  収益金(資金量 X 収益率)が、生活費の1.5倍程度あるのが望ましいでしょう。 収益率は、バラツキが大きいですからね。

  具体的に、
      生活費 300万
      収益率 20%  
なら
      資金は、1500万 (理想的には、2250万)
となります。

  林先生のご著書では、「プロは5千万〜1億が多い。
  2千万では、技術を磨くのには少なすぎる・・・」というような、記述を読んだ記憶が有ります。

    
     
   ここで、クイズです。
   300万円の資金で、収益率20%を確保できる能力の人がいます。

   資金量を、10倍の3000万に増やせば、600万の収益をあげられるでしょうか?


   答え  NO!  逆に、大損失間違いない でしょう。


  ここが、一番重大なことですから、「勉強のノート」にメモしておいて下さいね。
 
  相場の技術レベルには、動かせる資金量の目安が有るのです。
  3000万を動かすには、”3000万を動かせる技量が必要”、なのです。



  300万から、一足飛びに、3000万は、不可能なのです。
    

  私の場合は、年初○○万で1年間売買した結果が、源泉徴収税計算書をみますと、動かした金額は一昨年は○○万超、昨年は、○○万超です。
  やっと、このレベルまで自信を持って動かせるようになったから、収益率も、それなりに上げられるようになったのです。

     
  皆様、技術というものは、徐々に、徐々に磨き上げられ進歩するものです。
  くれぐれも、功をあせらず、利益を多くすることより、生き残ることに重点をおいて、地味な練習売買をお続け下さい。


 













海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO