【基礎:株式投資指標の種類】

「イラスト図解でやさしくわかる株式入門」松沢淳一郎 著

■市場全体を見る指標とは 

 どんな銘柄を買えば儲かるか、どんな時期に売れば、損失を出さずにキャピタルゲインを得ることができるのか、これは投資家にとって、一生正解が出ない命題でしょう。

 それほど株価の上昇・下落を見極めるのは難しいのです。
 しかし、これまでその時代時代でいくつかの指標が生まれ、それが 大きな成果をあげています。

 まず基本的な指標と考えられるのが,出来高売買代金です。
 これは、株式市場全体の動きを表すものです。

 さらに市場全体の動きを表す指標として、さまざまな平均株価があり、その代表ともいえるのが日経平均株価です。
 このほかに単純平均株価、東証株価指数TOPIX)、日経300、日経500 などがあります。
          ・・・中略・・・

■指標に対する考え方は

 このように、株価を推し量る指標は,時代と共に移り変わってきています。

 最近、利回り革命以前によく使われた配当利回りが指標として見直されるという、面白い現象も起きています。
 いろいろな指標がありますが、ただ単に各銘柄をその指標に当てはめれば株価の予測ができるというわけでは有りません。 指標のほかにも、株価の変動要因(市場の内部的要因、外部的要因など)を把握し、それぞれを多角的に分析する姿勢が大切です。

 こうしてみると、指標とは、株価という生き物に右往左往する投資家が考え出した、「道しるべ」のようなものかもしれません。



PER、PBR,PCFR、ROE等の意味は、知識として知っておく必要はありますので、説明文を載せております。

 しかし、それで儲かるかといえば、残念ながら”否”です。

 考えてみますと、PERは、全て?の人が平等に得られる情報です。
 新聞の情報も、万人が入手できるものですね。
 あなたは、これまで新聞のニュースで儲かったという話を、一度でもお聞きになったことは有りますか?

 そうです! 理屈で儲けることは、不可能なのです。
 この真実に、早く気付く必要があります。

 われわれ相場の実践者は、理屈は関係なく、安くなったときに買い、高くなった時に売ることができるように、相場感覚を磨き、腕で利益をもぎ取るのです。

【株式相場技法】
◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

【株式投資の基礎知識】
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO