株式投資・相場技法の基礎知識

 株式相場の世界で、安定した利益を出し続けるには、組織力に頼るか、相場技術を身に付ける必要があると云われています。
 そんな相場技法(理屈でなく売買できる力)を身に付ける方法と、株式投資の基礎知識集です。

 関連記事 【基礎:信用取引とは】  
◆相場技法の種類
◆相場技法・うねり取り
◆三種の神器
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆日足
◆月足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

株式投資の基礎知識
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引
 通常株式を買い付けする場合、自分の資金で全額購入します。
 もう一つの方法は、証券会社からお金を借りて株式を購入することもできます。
 これが、信用取引です。


 また、持っている株(現物株)を売ることもできますが、もっていない株を証券会社から借りて売却することもできます。

 証券会社側から見ると、お客様に資金を融資したり、株券を貸したりして、「信用供与」するため、信用取引といわれています。

 取引は、
  ●資金を借り入れての買い付け→「買い新規」
  ●株券を借りての売却    →「売り新規」
から始まります。

 現物株は、いつまで持っていてもかまわないですが、通常の信用取引には、決済期限があります。
 制度信用取引では、6ヶ月以内で決済する必要があります。

 決済方法には、買い付けもしくは売りつけている株式等を反対売買(転売もしくは買戻し)によって差金で決済するか、売りつけ株券を提供し代金を受け取る(現渡品渡)、または貸付代金を提供し株券を受け取る(現引品受)、実物の決済(受渡決済)による方法があります。
   
 反対売買による決済注文には、
  ●「買い新規」の場合→「売り返済」
  ●「売り新規」の場合→「買い返済」
して、差金(差損)を受け取り(支払い)ます。

 信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類あり、貸借取引を利用できるのは制度信用取引のみです。

 信用取引を行うには、証券会社は顧客に信用取引制度の概要を記載した説明書を交付し、顧客はその内容について十分理解した上で、証券会社に「信用取引口座設定約諾書」を差し入れ、口座開設しなくてはなりません。

 信用取引は高い収益を得られることがある反面、思わぬ損失を被る危険性を併せ持つ取引で、仕組みやリスクを理解した上で利用することが求められます。
 また、ともすれば投機色の強い利用となりやすいため、信用取引を行う顧客については、証券会社ごとに信用取引開始基準が設けられています。

 信用取引は、売買にあたりその代金や株券等を全て用意して行う現物取引に加え、このような取引を導入することで、市場の厚みを増し、円滑な株式の流通を図るとともに、公正な価格を形成することを目的としています。
 
 信用取引は、現物取引と比べて「リスク」が高いといわれています。

 信用枠一杯に建て玉した場合、単純計算ですが、保証金率40%では、2.5倍、保証金率30%では、3.3倍の損益増幅効果があります。

 ついつい欲が出て、思いっきり乗せたところで、逆行して損金激増は、誰しも?経験するところです(>_<)

 私は、「買いは現物」、「売りは信用」を徹底しておりますので、買いの金利で泣いた経験はありませんが、「空売り」で『青天井の恐怖』は味わったことがあります。

 ストップ高を含め、2日で250万円の値洗い損失でした(;_;)

 最後に、信用取引で、忘れてならない重大なこと。
  <<債券市場の設立目的の一つは、
      市場参加者にヘッジの場を提供すること>>


 信用取引は、小額の資金で、大量の株を売買するためにあるのではない。
 値下がりに対するヘッジのためにあるのだ。

 とすれば、我々は「空売り」を活用できる「うねり取り」、「サヤトリ」等の技術を磨き、収益の安定を心がけるべきであろう。

 

    建て玉のよりどころについて

 相場で勝ち続けるには 、その「より所」とする根拠を何にするかが重要です。
 その「より所」に、普遍性があればあるほど、安心して投資できますね。

 例えば、FAI方式(低位株投資)では、株価の推移を10年単位で追い、低迷した会社の業績が収益回復した時、株価が上がる経験則(必然性?)を根拠に、銘柄を厳選し、かつ複数銘柄に分散投資します。

 異銘柄さやとりの場合は、複数の銘柄間の株価差が、開いたり、縮まったりする経験則を、収益源とします。
 自分の性格にあった相場技法を知ることも重要です。

 コンピュータの発達した現在、時代錯誤ではないか?と仰るかもしれませんが、相場師は場帖(場帳)もグラフも手書き( 相場師の三種の神器)です。
 手書きすることで、常とは違う違和感(相場感覚)を得やすくなるのです。

 「うねり取り 」の場合は、数日から数ヶ月の比較的大きな相場の上下を、収益源にするものです。
 多くの銘柄の株価は、長期的な視点から見れば、ある値幅のなかで、上げ下げを繰り返している。(別の表現をすれば、大きな値幅の中で、持ち合っている)

 そのうねりの感覚 に基づいて、「上げトレンドは、買い」で取り、 「下げトレンドは、空売」で取る、を繰り返すものです。
 借り株費用が発生し、逆日歩のリスクがある「空売り」が嫌いな人は、下げ相場はお休み(建て玉しない)です。

 お休みといっても、何もしないわけではなく、毎日場帖とグラフを書いて、いつ下げ止まるかを注意深く観察します。

 「うねり取り」には、適する銘柄と、そうでない銘柄があります。
 長期にわたり、大きな持ち合い幅の中で、なんども上げ下げを繰り返す銘柄が、最適といえます。(銘柄選定法

 何十年に一度の化ける動きをする仕手株材料株品薄株新規上場株では、うねりが乱れ取り辛いのです。

 違和感が有ると思いますが、優良株も「うねり取り」の対象では有りません。
 むしろ、長期的に、優良株として評価された会社が、十分成長し、少しぐらいのヒット商品では、業績貢献も限られ、微々たる成長しかできなくなった時。
 巨体を持て余すようになり、右肩上がりの株価もすっかり勢いを無くした後が、ねらい目となります。

 言い方を代えますと、「うねり取り」には、地味な、大化けをしない、成長力をなくした面白くもない銘柄?、を厳選する必要があります
 なぜなら、あなたの収益源には、「安定したうねり」が必要だからです。

 加えて、忘れて頂きたくないこと
    【資金、目いっぱいの仕掛けは、絶対禁止!!】

 相場で破産する人は、いろいろいるが、統計的な事実があります。
 それは、資金目一杯の仕掛けをする人は、必ず破産するということ。

 従って、これから、練習売買する時も、資金は最低3単位(3000株分)、できれば4単位預けてから開始して下さい。
 練習売買の間、資金を増減(出し入れ)してはいけません。


 自分が厳選した銘柄の株価の動きを、毎日、場帳とグラフで受け止め、下げ止まったかな?とおもったら、1単位の買い(試し玉)を入れます。

 相場の波は昔から、「三月またがり60日」といわれています。
 数日の短いうねりから、半年を越える長いうねりもありますが、林輝太郎先生および関係者の方々のご著書には、具体的に統計をとった事例も載っています。

 自分好みの銘柄を選び(銘柄選定法2)、 練習売買 を始める時は、天井から、2〜3ヶ月(なるべく長い波の方が、安心感)後の下げ止まりを狙います。
    
 たぶん、最初は早過ぎ?で失敗!、となるかもしれませんね。
 しかし、それは、全く問題ありません。
 そのために、資金を抑え、時節を待つ、うねり感覚の訓練をしているわけですから。

 結果的な損益にとらわれずに、冷静に株価の動きを見る癖をつけましょう。
 下値抵抗線を勢いよく超えそうか、新値更新が鈍りそうか、 或いは順調に戻りそうか?
 場合によっては、仕掛ける前に決めた損切が必要になることもあります。

  重要なポイントは、
       【市場の実勢はどうだった? 
         この時、自分の銘柄は、どう動いたか?】

 
 この感覚を肌で感じ(相場感覚の受止め)、それを繰り返すこと!

 これが、他の本に書いてない、相場感覚を身に付けるポイントと思っております。
 相場感覚につきましては、場帖とか、 グラフから受ける感覚とか、上記のような体験の繰り返しが必要ですから、ある程度時間が必要となります。
 「継続こそ力なり」です。


 さて、私が「より所」とする、もう一つの重要要件は、
      
【上がった株は、必ず下がる。
               下がった株は、上がるとは限らない】


 これが、私の建て玉が、売りが多い(オーバーヘッジ)理由です。
 資金1千万の場合で、私の銘柄は、2000円〜5000円が大きな持合と見ておりましたから、具体的な自主ルール(最大建て玉)は、
      売りは、最大30単位(約1500万円)、
     買いは、最大15単位(約750万円)
    です。 

 現実には、強弱の相場観は、絶えずあやふやなものですから、売り買いの玉数の差が大きくなる機会は僅かなものです。

 売りは、上げ止まりを感じた時、大きく仕掛けますが、買いは、小さく試し玉1単位ずつ。
 その後も、小さく分割して仕掛け、平均値が有利になるような建て玉を心がけます。
 
 あなたも、練習売買で、数回続けて利益になると、つい気が緩んで、大きく仕掛けたい感情にとらわれると思いますが、ここが一番肝心です。
 じっと我慢して下さい。
 相場感覚の習得期間も、人それぞれです。

    
【資金目一杯の仕掛けは、破産へまっしぐら】
を思い出して下さいね。


   



海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ