【基礎:信用取引残高と信用倍率】

■信用取引残高

 信用取引で株券の買い付けを行った顧客は証券会社から借りた買い付け資金を、売付を行った顧客は証券会社から借りた売付株券を、それぞれ所定の期限(弁済期限)までに返済しなければなりません。

 この、まだ返済されていない買い付け資金の量を買い残高、売付株券の量を売り残高といい、これらを総称して信用取引残高といいます。

 なお、証券取引所では、毎週金曜日時点における東証、大証、明証の各紙上別の合計残高および、三市場合計残高を翌週の火曜日に概算数値を、同水曜日に清算数値を公表しています。
 また、個別銘柄の信用取引残高は、翌週の火曜日に公表しています。

■信用倍率

 信用取引における「買い方」と「売り方」の取組状況を表し
  
信用買い残 ÷ 信用売り残
で算出します。

 信用取引では建て玉を所定の期限までに決済する必要があるため、信用取引の買い建ては将来、反対売買によって(転売)売却されることが予想されます。
 そのため、信用の買い残の増加は、将来の売り圧力と考えられます。

 また逆に、信用取引の売り建ては、将来反対売買によって買い戻されることが予想され、信用の売り残の増加は将来の買い圧力と考えられます。
 このため、この比率の大小で将来の株価予想や、過熱状況を捉えたりすることがあります。

■売り長(うりなが)

 「信用取引において売り株数の残が、買い株数の残より多い状態のこと」をいいます。

 ”売り長”の場合、将来買い付ける株が多いことになり、需給に好影響となります。

 また、ある銘柄について、売り人気が強いことを言う場合にも使われます。
 上長(うわなが)ともいいます。

■買い長(かいなが)

 「信用取引において買い株数の残が、売り株数の残より多い状態のこと」をいいます。

 ”買い長”の場合、将来売却する株が多いことになり、需給悪化が懸念されます。

 また、ある銘柄について、買い人気が強いことを言う場合にも使われます。
 下長(したなが)ともいいます。

【株式相場技法】
◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

【株式投資の基礎知識】
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO