経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません

<私のお奨め本>

        「成功へ導く言葉」
                       中村天風 著



◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
食べない健康法
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
SASサバイバルマニュアル
 中村天風氏の本は、「真理のひびき・天風哲人箴言注釈」のような硬い表現のものと、講演をそのまま記録した口語調のものがあります。
 「成功へ導くことば」は後者です。

 表現は、非常に受け入れやすいのですが、内容は、天風本を数多く読むまでは現実離れした感がありました。
 こんな生き方があるのか?当代の詐欺師ではないのか?と思えるほど、内容が受け入れがたく感じました。

 数冊の著作を読んで、天風哲学を納得してからは、情報に接する時に、哲学的な感度が上がるようです。
 京セラの稲盛和夫氏の「人は何のために生きるのか」を読んで、稲森氏こそ天風哲学の現代実践者ではないかと、思っております。

 一昨日亡くなられたスウちゃん(田中好子様)の最後の言葉もすばらしい!
 重体(酸素吸入)をおして、震災に合われた人のお悔やみと、友達へ愛を、人生に感謝を捧げていた。
 本書の、【ほんとうの意味での欲望】を満たした人生でした。
 安らかにお休み下さい。

 
心の持ち方一つが、結局人生の運命を決定する
 ロバート・キヨサキ氏の「良い言葉を使いなさい」、佐藤富雄氏の「習慣付けの重要性」、高田明和氏の「言霊」、みな考え方と深層心理の活用を意味していると思う。
 逆に言えば、「成功者は深層心理の活用法を知っている」ということ。
 この事実に気付くのは、早ければ早いほど、有利な人生を送ることができると信じます



 ・本当の欲望は、燃やしゃ燃やすほど人生が豊かになるんだよ
 ・本当の欲望とは、霊性満足を目標とする欲望=他人を喜ばせることを人生の楽しみとする

 ・撒いた種子のとおりに花が咲く=現在の姿は、潜在意識の思ったこと。
  他責ではない。
 ・取越苦労を当然だと思う人は、自分の運命の墓穴を掘っている愚かな人

 ・さしあたる事柄のみをただ思え。
  過去は及ばず、未来は知られず。
 ・真心で行われる行為には、絶対の強さというものがある。
  断じて行えば鬼神もこれを避く

 ・心の持ち方一つが、結局人生の運命を決定する。
  『私は今、人の世のために何事かを創造せんと欲する心に燃えている。
  そしてかくのごとくに心を燃やしていれば、いつかは神は私に何を為すべきかを教えたもうに決まっている


 ・健康も長寿も運命も成功も、人生の一切合切の全てが積極精神というもので決定される
 ・心が積極的になると、肉体から心が煩わされなくなる。
 ・本当の積極的と言うのは、どの点から見ても、その心の状態が尊く、強く、正しく、清くあること

消極的とは>
 @怒る A悲しむ B恐れる C憎む Dやきもち E恨む F悩む G取越苦労 H煩悩 I迷う・混迷

 ・その一言一語、その言葉の全てが、人生に直接影響する暗示となる
 ・人間はこの世の中に、宇宙本来の面目である進化と向上に順応すべく出てきたんだと思います。
 ・人間はそれ自身、宇宙根本主体である宇宙霊と自由に結合し得る資格を持っている。と同時に、共同活動を行う一切の力が与えられている。
 これを理解して生きるものが、生き甲斐のある人生を創り得るのである。

 ・完全な人生に生きようと思うならば、先ず、現在の瞬間を能う限り価値高く生きるべし。
 ・本当の幸福というのは、人生がより良く生きられる状態に自分ですること。
 自分でしないで、他からしてくれることを待っている限り、きやしないよ。

 ・良いことを習慣付けなさい。習慣は第二の天性。
  何にでも感謝し、何にでも喜ぶように癖つけるんだよ。

 ・見えない一つの気が、現象世界にその生命を表現しようとする場合に、必要な道具として与えられたのが肉体と心なんです
 ・命そのものを働かせているものが自分なんだ。体が命そのものを働かせているんじゃない。命そのものが体を生かしている。
 ・肉体は、ほんとうの自分が生きる道具で、ほんとうの自分というものは、もうひとつ他にあるんだ。

 ・あなた方、神様までお金で買収しようとする。
  私はただね、尊い姿に対して伏し拝んで、「生まれたとき、この命の中にいろいろと大きな力をお与えくださってありがとう存じました」と、これだけのことよ。
  後はもらった力で、自分が自分自身を守っていけばいいだけなんだ。

 ・物質主義で生きてるてえと、何事の場合でも足らない足らないの、のべつ幕なしだ。
 ・何かなしに、あなた方の心はとらわれてるぜ。感情、感覚の奴隷になっちまう。
  行き当たりばったり、ただ感情の興奮するに任せて生きてきた。ということが、自分の心を、自分のものでありながら自由にできない結果をつくっちまう原因になっている。

 










海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ