経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

  「食べない健康法」

                    石原結實 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 この本を読み進めますと、西勝造氏の本で知った「断食」に確信を持つことができました。
 長寿遺伝子の発見?とか、カロリー制限が長寿遺伝子のスイッチを入れるとか、私は近年明らかになったニュースと思っていました。
 ところが、1930年台から40年台には、既に「カロリー制限が寿命をのばす」主張があったのは、新しい発見でした。

 米農務省の、『現代文明人は栄養過剰(三大栄養素)の栄養失調(ビタミン、ミネラル)で悩んでいる』、とは、心して聞くべき提言。
 現代栄養学の負の遺産、マチガイと言っては言い過ぎでしょうか?


<下記は、本からのメモ書きです>
・体温が一度上がると免疫力が5倍になる
 体温が一度下がると、免疫力が30数%下がる。

・筋肉の75%以上が下半身についている⇒下半身の運動が最も効率が良い。
 筋トレは、週二、三回。 毎日やると筋肉が萎縮する。

・野生動物は歩き回ることで筋肉を動かすので体温が高く、常に空腹状態にあるから病気をしない。
・人類三百万年の歴史のうち、299万9900年以上は飢餓の中で暮らしてきたので、「空腹」の中で健康を保つ術は体内に備わっているが、食べ過ぎた場合、処理に困る

・カロリンスカ研究所・・・最長55日間の断食。 断食が安全で有効な治療法であることを科学的に立証した。

胃腸の不調は、自分の胃腸の力以上の飲食物を撮っていることが原因である。
・「体力をつけるために」、という理由で無理に食べることが、病気を悪化させたり、死期を早めたりする。

・1935年マッケイ博士・・・低栄養が動物の寿命を伸ばし、腫瘍の発生を抑える。
・1940年代・・・30〜40%カロリー制限した動物の寿命は、自由摂取動物に比べ格段に長く、ガンなど加齢関連疾患の発症や生体機能の低下が遅くなる。
・米ボルチモア国立老化研究所・・・(結論)⇒カロリー摂取を抑えると長生きする
・仏ドヴリース博士・・・「断食」すると皮膚の若返りが著しく、シワが取れ、シミ、そばかす、発疹、吹き出物が消えていく。

・体の生理の鉄則・・・吸収は排泄を阻害する。 吸収させないと排泄が促進される。
・汚血が存在すると、自然治癒力は血液を綺麗にしようとする反応を起こす。
 その反応を西洋医学では病気とみなし、抑える 切除する 焼却する という攻撃的な治療を施すが、自然医学的に見ると逆療法であることも多い。
・ガンは血液の汚れを浄化している装置である・・・森下敬一

・スイス・ベンナー病院・・・難病、奇病を食事療法を主とする自然療法で治す

 




海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ