経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

  「体温を上げると健康になる」

                    斎藤真嗣 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 著者は、ニューヨーク州で医師をされているようです。
 本著の主張は、新潟大学教授・安保徹著「体温免疫力」と、類似点が多いように感じました。
 体温と免疫力の関係、交感神経副交感神経作用と病気との関係は、ほとんど同じ。
 斎藤氏は運動を強調しておられるのに対して、安保氏は「早期発見、早期治療がガンをつくる」危険を指摘。

 安保氏のがん患者に実施して頂きたい四か条は、真実だと思います。
  @生活パターンを見直す
  Aガンへの恐怖から逃れる
  B免疫を抑制するような治療はうけない
  C積極的に副交感神経を刺激する

 本著の、「食事制限(カロリー制限)しても、内臓脂肪は減らず、・・・」という箇所には、若干の違和感(^_^;)

<下記は、本からのメモ書きです>
・体温1度低下 免疫力30%減
 体温1度上昇 免疫力500%アップ

・平熱は36.5〜37.1℃ これより高い場合、異常を正常化するたあめの免疫システムが稼働している状態
発熱よりも低体温の方が、本当は危険→免疫力低下、老化スピードUp

血流障害←原因はストレス←自律神経、或いはホルモンバランスの乱れ

・体温アップ健康法
  <一時的に上げる>・・・風呂、サウナ、運動
  <恒常的に保つ>・・・筋肉を鍛える

・動脈硬化因子・・・高血圧、喫煙、糖尿病、高コレステロール

食事制限(カロリー制限)しても、内臓脂肪は減らず、筋肉と水分が先に減る
・有酸素運動は脂肪を減らし、無酸素運動は筋肉を鍛える
・「脳から筋肉への神経の経路を鍛える」ことが最も大切
 (※負荷は軽くて良いので、自分の筋肉が発揮できる最大スピードで)
・無酸素運動(効果は6時間も持続)で、成長ホルモンが分泌 →脂肪を分解

・1日の消費エネルギーの70%は、基礎代謝

ボケ防止に効くのは、脳トレよりも筋肉トレ
・筋トレは、毎日するのは逆効果。
・筋トレ30分前にはバナナ、直後にチーズ、プロティン

交感神経過緊張・・・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、間質性肺炎、メニエル病、歯周病
副交感神経過緊張・・・喘息、アトピー、花粉症(免疫の過剰反応)

お勧めストレッチは、体中の筋肉を伸ばす運動と、関節を回して可動域を広げる運動

・リンゴとニンジンの組み合わせは、高いデトックス効果と免疫力を高める効果。

 



海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ