経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

  「この世の悩みがゼロになる」

                    小林正観 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 誰しも幸せになりたいと思う。
 ところが、実際に幸せを感じている人は少ない。

 幸せというものは、物質的豊かさとか、生活環境とか、他人が何かをしてくれるとかには一切関係のないこと。
 「
幸せは、100%自分の考え方に依存する」ことを、教えて頂いた一冊。

 子供の頃「青い鳥」は読みましたが、本質は全く理解しておりませんでした。
 社会に出てからも、お金とか、地位とか名誉とか、物質的豊かさに恵まれる事が、幸せの基盤と思い込んでおりました(/_;)

 「幸せを感じているか否か」が健康の定義だと、英国の医師が云っていたそうです。
 「他人の為に・・・と考え、行動している時が一番幸せを感じる」のではないでしょうか。
 このことを仏教では、『亡己利他(もうこりた)』というらしい。[もう懲りた!]、ではありません(^_-)-☆

 お蔭様で、毎日楽しく過ごさせて頂いております。

<下記は、本からのメモ書きです>
・勝とうと思った時---闘争のβ波が出る
・負けようと思った時---α波orθ波が出る⇒普段使っていない85%の脳細胞を刺激⇒超能力が使えるようになる

・「勝った方が優位に立つ」ということ自体が、宇宙の本質ではない。

不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言わない
いつも与えられた運命の中で、ただひたすらやり続ける

・1%の人々---
何事もない、当たり前の日々が淡々と過ぎてゆくことが、どれほど幸せか、ということに気付く・・・【幸せの本質
・99%の人々---何かを手に入れなければ幸せではない、と考えている。
・この洗脳から解き放たれ、執着がなくなった人を「ほどけた人=仏の語源」

幸せの本質は自由であること。
 そう"思う"心が存在するだけ


 




海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ