経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

  「空腹が人を健康にする」

                    南雲吉則 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
患者よ、がんと闘うな
がん治療で殺されない7つの秘訣
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
白米中毒
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
空腹が人を健康にする
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 TVでお馴染み、南雲クリニック総院長・南雲先生の「一日一食論」。
 第一章 食べないことがなぜ健康にいいのか?
 第二章 あなたも必ずできる「一日一食」生活
 第三章 「一日一食」で体はこんなに変わる
 第四章 「一日一食」を習慣にしてしまおう
 第五章 自分の内なる声に従って生きる

 最終章に南雲哲学とも言うべき説明があり、好ましい。
 特に、「自然の生き物たちを見習う」、「『過ぎない』生活を感謝をもって」の部分が感動的。
 最近読んだ、南方熊楠の南方曼荼羅を思い出しました。
 逆に、「一物全体食」とか、少食、短期断食効果等には、先達の方々(石塚左玄、二木謙三、沼田勇、西勝造、甲田光雄氏等)の考え方を学んだであろうと想像するのですが、その方達の名前も出して欲しかった。

 甲田光雄氏や、南雲氏のご著書から、どうやら一日一食は特異なことでないと分かり、私もトライ。
 約50日経過、体調壮快、快便、頭スッキリ。
 本著にある効果を身を持って感じています。


<下記は、本からのメモ書きです>
・満腹には適応できない現代人の体
生命遺伝子は、飢えと寒さにおかれた時ほど活性化する
・近視は病気でなく環境への適応
・飢餓状態においては動物は妊娠しやすく、飽食状態は出生率が下がる
・果物の皮には、「創傷治癒作用」と「抗酸化作用」がある
マグガバンレポート---江戸元禄以前の日本の食事が一番健康に良い
・コレステロールは、わざわざ口から摂らなくても、体の中で合成できる
・欧米では、最近は肉や乳製品は週に一度程度に抑えようという流れも出てきた
砂糖のとり過ぎは確実に寿命を縮める

・空腹の効果
  小腸→最初にモチリン(空腹期収縮ホルモン)を分泌⇒胃袋に何もない→グレリン(成長ホルモン=若返りホルモン)を分泌⇒サーチュイン遺伝子=長寿遺伝子(傷を修復)が働き出す⇒内臓脂肪を燃焼⇒アディポネクチン(動脈硬化を予防、血管を掃除)

・一日一食の効果---
ダイエット、若返り、抗癌、デオドラント、脳の若返り
・食べたら寝るのが自然の摂理
・午後十時から午前二時までが若返りホルモンが出るゴールデンタイム
・心臓は細胞分裂しない終末分裂細胞。
 あらゆる動物において20億回。一分間に50回拍動すると、80年で止まる。

 




海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ