経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

  「白米中毒」

                    白澤卓二 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
白米中毒
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
空腹が人を健康にする
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 「白米中毒」とは、極端?な表現ですが、脳に対しドラッグと同じような作用を与えるらしい。
 白米、うどん等の精製澱粉が、急激な血糖値上昇をもたらすと同時に、脳に快楽物質を出させるとのこと。
 「
白砂糖を有害食品として指定すべし」と、何かの本で読んだ記憶があります。
 本著では、世界の研究者から出されている複数の論文を引用し、「白砂糖」の中毒性を解説している。

 それにしても、日本人の主食の白米が中毒性があるだなんて、・・・・
 玄米党の私でも、俄には信じたくない感情すらあります。
 
 「美味しく食べること」は「文化」の大きな部分を占めると考えていますが、健康と美食とは両立しないものなのでしょうか?


<下記は、本からのメモ書きです>
マイルドドラッグ=砂糖、白米(精製された炭水化物)=ハードドラッグほど急激な危険性はないものの、強靭な中毒性をもたらし徐々に人々の体を蝕んでいくもの。これらの食品を摂取したとき、脳内ではハードドラッグ摂取と同じ様なことが起きている。
・食べた時心地好いと感じる食物(甘い菓子、スナック、ジャンクフード、パン、単品食、白米、白砂糖)⇒欲求が満たされた時⇒報酬系(A10神経系)からドーパミンを分泌⇒脳内に強烈な快感⇔並行してエンドルフィン(脳内麻薬)→強烈なほど依存症になる
 ※精製度の高いものほど強い中毒になる

・白砂糖が脳にダメージを与える大きな理由として、生体のビタミンとミネラルを使い果たしてしまうことにある。

・脳の働きを活性化させ、心身を健やかに保つには、血糖値の安定が何よりも重要

・食品は人間の手が加われば加わるほど栄養バランスが崩れていく
・日本人はみんな「白米中毒」
・端的に言えば砂糖中毒にしても白米中毒にしても、これはビジネスの結果。
 
消費者を中毒に陥らせて、さらに商品を買わせ、そこから逃れられなくするという壮大なマッチポンプです

・アルコールが脳の報酬系を刺激するマイルドドラッグで、「脳の最大の敵」「細胞毒」と言われる所以
・アルコールの飲み過ぎは脳を萎縮させることは明らか

白澤式食べ方のルール8ヶ条
@朝食は生ジュースを日課に
A自然の食材を中心に食べる。精製された食品、加工食品は食べない
B発酵食品を積極的に
C野菜から先に(血糖値の上昇を抑えられる)
Dよく噛んでゆっくりと
E腹七分目
F食べ放題、飲み放題には近づかない。外食する際にも主食は抜く
G水分補給は水かお茶。清涼飲料水は飲まない

U型糖尿病の原因は脂肪ではなく炭水化物
・糖質ゼロ食にすればU型の患者は、合併症を患わずにすみ薬も要らなくなる---東海大・大櫛教授

 




海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ