経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

  「患者よ、がんと闘うな」

                    近藤誠 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
患者よ、がんと闘うな
がん治療で殺されない7つの秘訣
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
白米中毒
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
空腹が人を健康にする
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 近藤誠氏の「がんもどき」理論の中核が解る本。

 
がんには、転移能力を持つものと、持たないものがある
 それは癌となるべく遺伝子の、どの場所が傷つくかの組み合わせで決まる
 転移能力を持たない癌(=がんもどき)なら、放っておいても命を奪わない。
 
転移がんなら、検診で発見できる以前に転移が始まっているから、早期検診は無意味

 文藝春秋で違和感を覚えた近藤氏の主張を、体系的に識ることができました。
 同時に私にとっては、眼から鱗、衝撃的な内容でした。

 最高血圧値、コレステロール値等、正常範囲を狭め、患者数を増やそうとする意図をなんとなく感じていました。
 私が受診する病院では、胃手術が得意な院長に変わった途端に、人間ドックでの胃関連の「要再検」が多くなったらしい?
 この本を読んで、やはり「健康診断はビジネス」であったことを納得。

 
健康診断は、患者の健康のためではなく、医療機関の利益戦略である認識が必要と思いました。


<下記は、本からのメモ書きです>

.・抗癌剤が有効ながん(全体の1割)---急性白血病、悪性リンパ腫、睾丸腫瘍、子宮絨毛腫瘍、小児がん
・医師の世界でいう有効とは、「がんの縮小」のことで、生存率とか延命効果とは無関係な指標
多くの抗癌剤は、同時にまた発癌物質でもある

・医療費が高額になったと聞いた場合、その患者さんは死亡したと考えるのが医療関係者の常識
無効営利目的薬---ユーエフティ、フルツロン、ミフロール、フトラフールなどの経口ないし座薬→悪徳医師と判断でき

・日本ではどの臓器のがんでも、周辺のリンパ節まで切除するのが一般的→後遺症過大
・白血球はがん細胞よりも放射線に弱い。
・日本のがん治療はどの臓器でも、国際標準を無視して手術偏重、しかも手術の中身もまちまち

・日本のインフォームド・コンセントは一般に、公正でない説明によって、それとわからないように患者に科学的でない治療を押し付けるための技術に堕しています

・患者の臓器は、手術医たちの生活の糧になっている
実測データから、原発病巣が1pという早期発見可能な大きさになる以前に、転移が成立していることになる

今や一般の医師たちも、早期発見理論の矛盾や誤りに気づいています

・出生後にがん関連遺伝子が傷つく原因(生活習慣、生活環境)を変更すれば、発がん確率を低くすることが可能

放射線にも発がん作用あり---微量な放射線でも遺伝子に何らかの傷をつける(日本は、医療による放射線被曝が世界平均の数倍)
・国際放射線防護委員会---日本では将来毎年13500人ずつが医療被曝による発ガンで死亡するという予測
・ビタミンにしろなんにせよ、特定のものを多量に長く摂るのは危険

がんの本質は老化。がん治療に多くを望まない
・イデアフォー:03-3944-8198
・医療事故相談センター:052-951-3226
・近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来:http://www.kondo-makoto.com/

 




海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ