経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

  「がん治療で殺されない7つの秘訣」

                    近藤誠 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
医者に殺されない47の心得
あなたの癌はがんもどき
患者よ、がんと闘うな
がん治療で殺されない7つの秘訣
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
白米中毒
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
空腹が人を健康にする
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 半端ながら私は、石塚左玄(知識は、沼田勇氏から)の食養を実践中。
 これで病気になったら、人生を閉じるつもりで、健康診断を拒否してきた。

 私のこれまでの行動が、偶然にも近藤誠氏の「がん放置療法のすすめ」に合致。
 妙に納得し、今後も医者に近寄らないように暮らそうと思います。

 今まで医者とは、黙っていても「医は仁術なり」を実践する人と思い込んでいましたが、間違っていたようです。
 患者が如何に苦しもうと、効かないと知っていても、儲かる?抗癌剤を勧める医者がいること。
 すぐ手術と言い出すのは、手術医の権威や生活のためでもあるし、時には練習が目的の場合があるらしい?(特に乳がん手術は人命に直結しないから気軽?)
 健康診断も、健康診断ビジネスと呼ぶのがふさわしく、如何に異常対象範囲を広げ、売上増(再検査)につなげるかが使命のようだ?

 この検診にも行政が携わり、抗癌剤認可にも国家機関が携わっている。
 
製薬メーカと医療機関が、まるごと行政を操っている恐ろしさを予感。
 
 うかうかしていると、金も命も吸い上げられそうです\(^o^)/
 自分の頭で考え判断することが、いかに大切かを再認識しています。
 

<下記は、本からのメモ書きです>
秘訣1.手術医と抗癌剤治療医を信じてはいけない
   2.「余命三ヶ月」はありえない
   3.治療法には必ず選択肢がある
   4.無治療が最高の延命策
   5.セカンドオピニオンは違う病院の別の診療科を訪ねる
   6.検査を受けないのが最良の健康法
   7.がんとの共生をモットウとしよう


抗癌剤被害者救済制度が先送りになったのはなぜか?
 --->
治療に値しないのがバレるから
・たった一回の抗癌剤投与で亡くなっていく人がいるという現実
現行のがん治療法のかなりの部分が間違っており、しなくていい、或いはしてはならない治療が行われている

・「粒子線治療」、「免疫細胞療法」はまやかし。医者達がする商売の典型

がん幹細胞に転移能力があった場合のみ、転移する。
がんもどき(転移能力のないガン)は、放っておいても新たに転移しないことを実体験

・術後半年以内の死亡は、術死と考えるのが無難。
 ただ患者が術死しても医者は「ガン死亡した」と遺族に言うので、一般人はその実態を知らないままでいる。細菌感染が多い。

・抗癌剤の専門家(腫瘍内科医)であれば、抗癌剤で固形ガンが治ると考える人は誰もいない。
・抗癌剤が9割のガンに効かないというのは専門家の間では常識---「がん専門医よ真実を語れ」

生存曲線を成績良く見せかけるのは、ちょっとだけ追跡調査の手を抜けばよい。

臓器転移がある患者については、「半数生存期間が一定」というルール (一定期間内に死亡する確率は、どの時点でも同じ) がある。
転移がない早期発見ガンは、モドキの可能性大
 ことに胃や大腸の粘膜内ガン、子宮頸部の上皮内ガン、乳房の乳管内ガンは100%モドキです。これに対し肺がんは、本物が二割程度ある。
・例外的に「モドキ」が大きく育って症状が出た場合、治療すれば治ります。
スキルス胃がんは転移が明らかでなくても、必ず腹膜転移があるので、
手術すると寿命が確実に縮む

・医療における一般則---受ける医療行為の数が増えるほど死亡率が高くなる

・結局CT検診は、肺ガン死亡を増やし、総死亡も増える。(イタリア+デンマーク比較試験)
広域子宮全摘術(骨盤リンパ節郭清)は不要。(イタリア比較試験)

・毒薬とは、体重1kgあたり、注射で20r、呑み薬で30r以下が致死量。
・劇薬とは、 体重1kgあたり、注射で200r、呑み薬で300r以下が致死量。
・抗癌剤の殆どは、毒薬或いは劇薬指定されている。

・ガン細胞は外部から来た病原体ではなく、自分自身の一部なのです。
 それなのに免疫力を強化し排除するというのは、はなから無理が有ります。
・ガン細胞が診断できる大きさまで育ったということは、体の免疫力ががん細胞に負けた何よりの証拠。

・イデアフォー:03-3944-8198
・医療事故相談センター:052-951-3226
・近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来:http://www.kondo-makoto.com/

 






海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ