経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

  「医者に殺されない47の心得」

                    近藤誠 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
医者に殺されない47の心得
あなたの癌はがんもどき
患者よ、がんと闘うな
がん治療で殺されない7つの秘訣
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
白米中毒
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
空腹が人を健康にする
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 2013年間ベストセラー総合一位(トーハン調べ)。
 ベストセラーの背景には、現代医療に対する根深い不信感があるのでしょう。
 データを捏造してまで、薬を売らんとする製薬会社の姿勢には、怒りを通り越して哀れに思います。
 業界全体が、「医は仁術なり」に回帰しない限り、信頼を勝ち得ることはないでしょう。
 少なくとも私は、本著の主張とおり「病院に近づかない」ようにしております。
 もちろん健康診断もがん検診も、受けておりません。
 

  ・「4種類以上の薬を飲んでいる患者は、医学知識の及ばない危険な状態にいる」
・「薬の数が増えれば、副作用はネズミ算式に増える」
 上記の表現で、レイチェル・カーソン「沈黙の春」を思い出しました。
 農薬が人間含む生態系に及ぼす影響について、やはり複数の農薬の複合作用は予見不可能と警告していました。

 また、身近な人で「縫合部分にそって、小さなガンが列をなして吹き出した」話を聞きました。
 がんもどきではない「本物のガン」は、恐ろしいものですね。
 

<下記は、本からのメモ書きです>
病院によく行く人ほど、薬や治療で命を縮め易い
・固形がんに抗癌剤は効かない
検診は百害あって一利なし

対症療法薬は、体の治癒力を邪魔する
・予防医学→実態は"
患者を呼ぼう医学"
・医者を疑い自分で調べて考える癖を身につけよ
・血圧もコレステロールも高い方が長生きする

・医療に満足すると、死亡率が26%高い
血圧商法大成功---(基準値をいじって『160→140』、降圧薬の売上6倍増)
・がんの初期診断の誤診率は、ときに12%にもなる【米.キャンサー】

・欧米では、肺癌、大腸癌、乳癌のくじ引き試験が多数行われ、「検診をしてもしなくても死亡率は同じ」と実証されている。
・日本人のガン死亡の3.2%は医療被曝が原因【2004.ランセット】

<ドクターズルール425医師の心得集>【南江堂】
・「できれば全ての薬の使用をやめよ。それが困難ならできるだけ多くをやめよ」
・「4種類以上の薬を飲んでいる患者は、医学知識の及ばない危険な状態にいる」
・「薬の数が増えれば、副作用はネズミ算式に増える」

・風邪をひいたら、温かくしてゆっくり休むのが一番早く治す方法

・転移があってもガンによる症状がなければ、すぐ死ぬことはない。すぐ死ぬとしたら抗癌剤や手術を受けた場合だけ。
・ガンの9割(固形癌)は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん
・欧米=浸潤していなければ癌ではない→結果、欧米ではガンと見なされない病変の8、9割が、日本ではガンと診断
・D2胃切除(2群リンパ節まで郭清)は、生存率の向上に寄与しない【英、蘭の臨床試験】
・「
癌は当初から転移する能力がある。癌が大きくなってから転移するという説は間違い」と判明している【分子生物学】

・耐性菌に殺されないために、くすり漬けから足を洗う
・脳ドックは、害のほうが大きいことがハッキリしている

・ピンピン百歳への体作りは「毎日の卵と牛乳」から
・世界のデータをみると、塩が足りない人の方が病気になり易く短命です
・コーヒーは、健康、長寿、美容の守り神

・人間の脳は、睡眠中に記憶をふるいにかけてムダな情報は消し、必要な情報だけを優先順に並び替える
・朝はじっくり考えたり、ヒラメキを呼んだり、名案を練るのに最適。思考も前向きなので、大事な判断は朝する習慣をつけると、人生そのものが前向きになる。

・石鹸、シャンプーを使わないほど、肌も髪も丈夫になる
・人間の体の免疫状態は、自然界の汚いもの、寄生虫、細菌などに触れながら成熟していくので、清潔すぎる環境ではひ弱になっていきます

・様々な理由で心身脳の働きが低下すると、「廃用症候群」と呼ばれる機能不全状態に陥る
・インフルエンザワクチンを作るのは、理論上無理

・病気の80%は医者にかかる必要がない。かかった方が良いのが10%強、かかったために悪い結果になったのが10%弱
・健康寿命 男70.4 女73.6 平均寿命 男79.5 女86.3【2012年 厚労省】

<元気に長生きする四つの習慣>
@救急の時以外は病院に行かない
Aリビングウィル(終末期医療の意思表明書)を書き残す
B転倒を防ぐ
Cボケを防ぐ---手足脳をよく動かす--喜怒哀楽が強い人ほどボケない

 






海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ