経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません

<私のお奨め本>

「運命を拓く 天風瞑想録」
                         中村天風 著



◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
食べない健康法
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
SASサバイバルマニュアル
 この本は、肩が凝ります!
 どんな宗教書よりも、重たい本です。
 否、宗教を超越しています。

 でも、潜在意識と言葉の活用は、佐藤富雄氏、ロバート・キヨサキ氏、本田健氏と同趣だし、宇宙霊は小林正観氏、斉藤ひとり氏を想い起しました。
 
 私は自分のことを、バリバリの唯物論信者だと考えておりました。
 学校で教わったとおり、再現性のある事象のみしか信ぜず、具体的な証明ができない非科学的なことを、否定して生きてきました。

 しかし、中村天風氏の数々の著書を読み進める内に、どうやら生き方を間違えたかも知れません。
 というのも、天風氏の『日常の心得集』のとおり心の持ち方を積極的に替え、体を鍛え、「怒らず、怖れず、悲しまず」を実施し続けると、非常に爽快な生活ができます
 『観念要素の更改』も、自分なりに、実現したつもり。
 これをすると、不平・不満がなくなります。
 寝る前に、『クンバハカ』体制で呼吸法をしますと、何時の間にやら寝付いています。

 浜松医大名誉教授・高田明和氏は、呼吸が唯一の自律神経統御法と認識。
 座禅を組み、ゆっくりした呼吸の絶大なる効果を主張しておられます。

 ヒマラヤでヨガの秘法を直接学び、悟りを得た相川圭子氏。
 CD「ヨガと瞑想の極致を求めて」のなかで、『人間の体には宇宙の自然エネルギーが備わっている。ヨガによって身体を整え、深い瞑想に入ることによって、乱れたエネルギーがバランスを取り戻し、本当の自分に出会うことが出来る。そして、究極には愛に満ちた、悟りの境地まで達するという。』

 諸氏の主張全てを理解できないにせよ、物質文明は驚くべき進歩をみせたが、精神面(哲学面)での遅れは、確かであろう。
 若い頃は、「物質的な豊かさが、精神面の満足をもたらしてくれる」と、勘違いしておりました。
 やはり、『精神の豊かさ』こそ、究極的に求めるものと修養を続けます。

 


序章 朝旦偈辞 
●朝旦偈辞(蘇りの誦句)
我は今、力と勇気と信念とをもって甦り、新しき元気を持って、正しい人間としての本領の発揮と、その本文の実践に向かわんとするのである。
我はまた、我が日々の仕事に、溢るる誠意を持って赴く。
我はまた、悦びと感謝に満たされて進み行かん。
一切の希望、一切の目的は、厳粛に正しいものをもって標準として定めよう。
そして、常に明るく朗らかに統一道を実践し、ひたむきに、人の世のために役立つ自己を完成することに、努力しよう。


第1章 生命の力
「人間の心で行う思考は、人生の一切を創る」
だから、どんな場合があっても、消極的な方面から物事を見たり考えたりしてはいけない。
「人間の健康も運命も、心一つの置きどころ」

●力の誦句
私は力だ。力の結晶だ。何者にも打ち克つ力の結晶だ。だから何者にも負けないのだ。病にも、運命にも、否、あらゆる全てのものに打ち克つ力だ。そうだ!強い、強い、力の結晶だ。


第2章 人生を支配する法則
●思考作用の誦句
我は今、宇宙霊の中にいる。我はまた、霊智の力とともにいる。そもそも宇宙霊なるものこそは、万物の一切をより良く造り替えることに、常に公平な態度をとる。そして、人間の正しい心、勇気ある心、明るい心、朗らかな心という積極的の心持で思考した事柄にのみ、その建設的なる全能の力を注ぎかける。しかりしこうして、かくのごとくにしてその力を受け入れしものこそは、またまさしく力そのものになり得るのである。


第3章 潜在意識とその性能
●人間本質自覚の誦句
人は万物の霊長として、宇宙霊の持つ無限の力と結び得る奇しき働きを持つものを、わが心の奥に保有す。かるがゆえに、かりにも真人たらんには、いたずらに他に力を求むるなかれ。人の心のおくには、潜在勢力という絶大なる力が、常に人の一切を建設せんと、その潜在意識の中に待ち構えているがゆえに、いかなる場合においても心を虚に、気を平らにして、一意専心この力の躍動を促進せざるべからず。


第4章 言葉と人生
●言葉の誦句
私は今後かりそめにも、我が舌に悪を語らせまい。否、一切我が言葉に注意しよう。
同時に今後私は、もはや自分の境遇や仕事を、消極的な言語や、悲観的な言語で、批判するような言葉は使うまい、。終始、楽観と歓喜と、輝く希望とはつらつたる勇気と平和に満ちた言葉でのみ活きよう。そして、宇宙霊の有する無限の力を我が生命に受け入れて、その無限の力で自分の人生を建設しよう。


第5章 大いなる悟り
●大偈の辞
ああそうだ!!
我が生命は宇宙霊の生命と通じている。宇宙霊の生命は無限である。そして、不健康なる者や不運命なるものは、宇宙霊の生命の中には絶対にない。そして、その尊い生命の流れを受けている我はまた、完全でそして人生の一切に対して絶対に強くあるべきだ。だから、誠と愛と調和した気持ちと、安心と勇気とで、ますます宇宙霊との結び目を強固にしよう。


第6章 人生と運命
●運命の誦句
およそ宇宙の神霊は、人間の感謝と歓喜という感情で、その通路を開かれると同時に、人の生命の上に迸り出ようと待ち構えている。だから、平素出切るだけ何事に対しても、感謝と歓喜の感情をより多く持てば、宇宙霊の与えたまう最高のものを受けることが出来るのである。かるがゆえに、どんなことがあっても、私は悦びだ、感謝だ、笑いだ、雀踊りだと、勇ましく溌剌と人生の一切に勇往邁進しよう。


第7章 人間の生命の本来の面目
●統一箴言
人の生命は宇宙に創造を司る宇宙霊と一体である。そして人の心は、その宇宙霊の力を、自己の生命の中へ思うがままに受け入れ能う働きをもつ。しかもこうした偉大な作用が人間に存在しているのは、人の進化の原則に従い、宇宙霊とともに創造の法則に順応する大使命を与えられているがためである。
私は心から喜ぼう、この幸いとこの恵みを!
私は今、人の世のために何事かを創造せんと欲する心に燃えている。そしてかくのごとくに心を燃やしていれば、いつかは、宇宙霊は私に何をなすべきかを教えたもうにきまっている。

私は今、私の生命の中に、新しい力と新しい元気とを感じる。私は今、心も肉体も新生しつつあるのである。
同時に私は今、宇宙霊の叡智を、真実に、自分の生命の中に受け入れる秘訣を会得したからである。それゆえに私の創造の力は、最も旺盛でかつ完全である。
したがって私の人生は、昨日までの人生でなく、溌剌とした生気が溢れ、敢然とした勇気で漲っている。
そして何事も怖れず、また何ものにも怯まず、人生の一切を完全に克服し、ただ一念宇宙霊の心と一体化して、あまねく人類幸福のために、創造に勇ましく奮闘せんとするのみである。


第8章 人生の羅針盤
●信念の誦句
信念、それは人生を動かす羅針盤のごとき尊いものである。
したがって、信念なき人生は、ちょうど長途の航海の出来ないボロ舟のようなものである。かるがゆえに、私は真理に対してはいつも純真な気持ちで信じよう。
否、信ずることに努力しよう。もしも疑うているような気持ちが少しでもあるならば、それは私の人生を汚そうとする悪魔が、魔の手を延ばして、私の人生の土台石を盗もうとしているのだと、気をつけよう。


第9章 第一義的な活き方
天風教義の目的は、どんな場合にも、たとえば身に病があろうが、なかろうが、運命が良かろうが悪かろうが、その他人生事情のいかんにかかわず、いつも一切に対して、その心の力で、苦を楽しむの境涯に活きる活き方をすることにある。
●座右箴言
私はもはや何事も怖れまい。それはこの世界ならびに人生には、いつも完全ということの以外に、不完全というもののないよう宇宙真理が出来ているからである。いな、この真理を正しく信念して努力するならば、必ずや何事といえども成就する。
だから今日からはいかなることがあっても、また、いかなることに対しても、かりにも消極的な否定的な言動を夢にも口にするまい、また行うまい。そしていつも積極的で肯定的の態度を崩さぬよう努力しよう。
同時に、常に心をして思考せしむることは、「人の強さ」と「真」と「善」と「美」のみであるよう心がけよう。


第10章 恐怖への戒め
●恐怖観念撃退の誦句
人の心霊が宇宙の神霊と一致するとき、人の生命の力は驚嘆に値する強さを持つにいたる。しかもこの尊厳なる宇宙の神霊と一致するには、第一に必要なことは心の安定を失ってはならないことである。そして心の安定を失いことの中で、一番戒むべきものは恐怖観念である。そもこの恐怖なるものこそは、価値無き消極的の考え方で描いているシミだらけな醜い一つの絵のようなものだ。否、寸法違いで書いた設計である。
かるがゆえに、今日から私は断然私の背後に、私を守りたもう宇宙霊の力のあることを信じて、何事をも怖れまい。
否、人が常にかくあることを心がけるならば、必然、人生に恐怖に値するものがなくなるからである。
ゆえに健康はもちろん、運命の阻まりし時といえども、本当に私は私の背後に、私を守りたもう宇宙霊の力のあることを信じて、何事をも怖れまい。


第11章 勇気と不幸福撃退
●不幸福撃退の誦句
私はもう何事が自分の人生に発生しようと、決していたずらに心配もせず、また悲観もしないように心がけよう。それはいたずらに心配したり悲観したりすると、すればするほどその心配や悲観する事柄が、やがていつかは事実となって具体化してくるがゆえである。
神仏と名づけられている宇宙霊なる者の心の中には、真善美以外に、心配や悲観というような消極的な心持は、夢にもない。わたしはその宇宙霊の心と通じている心を持つ万物の霊長たる人間である。したがって私がこの自覚を明瞭にした以上は、下らぬことに心配したり、悲観したりする必要はさらにない。
人はどこまでも人としての面目を発揮せぬと、人間の、第一面汚しである。
人間が人間らしくあるときにのみ、人間の恵まれる幸福を享け得る。
だから私は、宇宙霊の心と宇宙霊の力に近寄るために、心配や悲観という勝ち無きことを断然しないことにする。そして真理に則した正しい人生に活きよう。


第12章 理想と想像
●想像力の誦句
私は今正に喜びと感謝に満たされている。それは宇宙霊は人間の心の中に、創造という特別の作用を賦与して下されたいるからである。そして宇宙霊は、常に我々を我々の想像する観念どおりの世界へと、真実に導き入れるべく、その準備を尽くされている。
だから心して想像の作用を正確に応用すれば、それはとりもなおさず、幸福の楽園へのよき案内者を作ったのと同様である。
かるがゆえに、私は能うかぎり可能的で高級なる想像の絵を心に描こう、はっきりと明瞭に、ただしどんなことがあっても、夢にも自分の生命を腐らし泥塗るような価値の無いことは想像するまい。
そして宇宙霊の定めた約束どおり、その想像の中から正しい人生設計を現実化する気高い理想を作り上げよう。

第13章 一念不動
●一念不動の誦句
私は、私の求むるところのものを、最も正しい事柄の中に定めよう。
そして、それをどんなことがあっても、動かざること山のごとき磐石の信念と、脈々として流れ尽きざる、あの長い川のごとく、一貫不断の熱烈なる誠を持って、その事柄の実現するまで、いささかも変更することなしに、日々、刻々、はっきりと、心の中に怠りなく連想していこう。ちょうど、客観的に観察するがごとくに・・・
私は、もはや、消極的の思想や観念やまたは暗示に感じない。また、そうしてものは、私を動かすことは出来ない。私は断然そうしたものより、より以上のものである。
私は、もはや、あらゆる人生の中の、弱さと小ささを踏み越えている。そして、私の心は、今、絶対に積極的である。
おおそうだ、私の心は勇気と信念とで満ち満ちている。
したがって私の考え、私の言葉、それはいずれも颯爽とし、いつも正義である。だから、私には、人生のあらゆる場面に奮闘しえる、強い強い力が溢れているのだ。
そして、私の人生は、どんな人の世の荒波に脅かされても、あの大岩の上に屹然として立つ灯台のように、平静と、沈着と、平和と、光明とに、輝き閃いているのだ。


 世界百名山を撮影している白川義員氏の「人間のために地球があるのではない」と言う言葉は、考えさせられます。
 中村天風氏の主張も、造物主の意思に沿った行動が全て。

 でも、国益を考えたときは、「身に降る火の粉は払わにゃならぬ」かも?
 選挙に行く前に、「日本開放第二期工作要綱」の存在を知っておいて下さい!
 こんな恐ろしい計画があったのですね。しかも、着々と成功しているのが驚きでした。











海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ