【店頭市場とJASDAQ】

手にとるように金融用語がわかる本―明日の経済・産業を知る近道!

■店頭市場

 証券会社店頭での売買が認められた株式の流通市場。成長企業、ベンチャー企業の数が多い。

 証券取引所を通さず、証券会社の店頭で株などを売買することを、「店頭取引」といいます。
 株の場合、店頭取引されるのは、日本証券業協会の掲げる一定の基準(店頭登録基準)を満たした未上場のものだけです。

 株が店頭取引されるようになることを店頭登録店頭公開)と呼んでいます。
 店頭登録された株を売買する市場は店頭市場と呼ばれ、証券取引所と共に株式市場の一角をなしています。
 店頭登録基準は上場基準に比べて緩いですが、「いずれは上場してやろう」と意欲的な経営をする中小企業が多いため、店頭市場に注目する投資家も、たくさんいます。

 90年代に入って店頭登録基準が緩和され、いっそう取引が活発になっています。
 また95年には、ベンチャー企業の育成を目的に、まだ黒字化していない企業でも登録できる「店頭登録特別銘柄制度」が導入されました。

 なお、アメリカの株式市場では、すでに店頭登録銘柄がニューヨーク証券取引所上場銘柄の3倍に達しており、出来高も同取引所を上回るほどに成長しています。


■JASDAQ

 Japanese Association Securities Dealers Automated Quatations
 日本のオンライン店頭取引システムの通称。証券会社をオンラインで結び、迅速な取引を可能にした。

株式店頭市場機械化システム」の通称で、日本の店頭取引をより円滑にするために導入されたオンラインシステムのことです。

 アメリカ店頭市場に導入されている、店頭株価のオンライン自動通知システム「NASDAQ(ナスダック)」にならって、この呼び名(ジャスダック)がつけられました。
 日本には、証券会社の共同出資で「日本店頭証券株式会社」という店頭株売買の仲介を専門とする会社が有り、以前の店頭取引はここが一括して売買注文を受け付けていました。
 しかし、これは手作業で売買契約を結ぶというもので、売買成立に時間がかかるという問題が有りました。
 そこで、1991年、取引のいっそうの活性化と効率化を目指して、この日本店頭証券と日本証券業協会、証券会社を結ぶコンピュータネットワークが導入され、オンラインで取引できるような仕組みが作り上げられたのです。

 このおかげで、証券会社や投資家はコンピュータで売買ができるだけでなく、いつでも店頭株の価格を知ることができるようになりました。

【株式相場技法】
◆相場技法の種類
◆三種の神器
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆日足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆相場技法・うねり取り
◆うねり取り(2)
◆うねり取り(3)
◆うねり取り(4)
◆うねり取り(5)
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

【株式投資の基礎知識】
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO