海外ファンド・FX・株式等の投資活動に必要な基礎知識

 学校では決して教えないことですが、お金に関する知識の有無は、人生を左右すると言っても過言ではないでしょう。
 投資活動(海外ファンドFX・外国為替取引、株式投資等)に不可欠、或いは知っていた方が有利な基礎知識を集めました。

 関連記事 【基礎:外債の元利金支払い不能リスク】  
◆理論的支柱「無裁定価格理論」
◆海外投資ファンド利回り20%超のカラクリ
◆安全・安心の海外ファンド活用法
◆海外投資と税金
◆海外ファンドのリスク
◆ネバダレポート
◆投資をしなくても幸せになれる時代は終わった
◆投資を始める前に読んでおきたい名著
◆実際投資に役立つ王道の著
◆定期預金や郵便貯金は欠陥商品
◆ABS/SPC(特別目的会社)
◆ALM(Assets and Liabilities)
◆RR分類と受益証券説明書
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆証券総合口座とラップ口座
◆金融持ち株会社
◆証券取引所
◆店頭市場とJASDAQ
◆譲渡性預金CDとCP
◆モーゲージ担保証券MBSとCMO
◆EBITとEBITDA
◆IRA(個人退職年金勘定)
◆インデックスと指数裁定取引
◆インデックス運用とインデックスファンド
◆売上高利益率の各種
◆景気指標と先行・遅行指数
◆ゼロクーポン債とコーラブル債
◆株価オプションと株価指数オプション
◆キャピタルゲインとキャピタルロス
◆ファンドの回転率と買戻し手数料
◆グロース投資(成長株)と積極型
◆債券・社債と債券ファンド
◆株式ファンド・インカムファンド
◆純資産と純資産価額/NAV
◆消費者物価指数CPIと生産者物価指数
◆バリュー投資とバリュー型ファンド
◆転換社債型新株予約権付社債(CB)
◆イールドスプレッドとイールドカーブ
◆直接金融と間接金融
◆金利と債券価格
◆金利と為替
◆優先株と劣後債
◆BIS規制と早期是正措置
◆金融商品の型とタイプ
◆リスクを減らす方法@
◆リスクを減らす方法A
◆リスク許容度と期待リターン
◆モノラインとは
◆直接金融と間接金融
◆銀行の業務
◆銀行に対する規制
◆自己資本比率規制
◆証券取引所の機能
◆投資信託の仕組み
◆RTGSと時点ネット決済
◆ヘッジファンド
◆税効果会計
◆モラルハザード
◆金融政策の有効性
◆信用創造
◆ハイパワードマネー
◆スワップ取引
◆オプション取引
◆先物取引
◆証券化
◆外国為替相場とは
◆変動相場制
◆購買力平価説
◆為替レートの変動要因
◆基軸通貨
◆国際収支統計
◆債券収益七つのキーワード
◆外貨建て資産を持つ意味とは
◆外債の元利金支払い不能リスク
◆公開市場操作と預金準備率操作
◆M&A活発化の背景
◆TOB・株式公開買い付け
◆買収防衛策・ポイズンピル
◆MBOが増えている背景
◆投資ファンドとは
◆M&Aとは何だろう
◆トービンのQ
◆X−非効率とM&A
◆商法に導入された株式交換制度
◆M&Aの目的
◆裁定取引リスク・アービトラージャー
◆5%ルールとグリーンメール規制
◆LBOとは
◆白馬の騎士と黒馬の騎士

◆相場技法の種類

 

       「債券の基礎知識」 角川総一 著


 外債投資に際してのリスクの一つとして、債券の発行者の経営が破綻するなどで利子あるいは元本の支払いが行えなくなる可能性を考えておかねばならない。

 米国では古くから、債券の発行者のリスクを図る指標として格付け(レーティング)が利用されている。
 これは債券の発行者がその発行した債券の利子ならびに元本の支払いの確実性がどの程度であるかを簡単な符号でランキングしたものだ。

 米国ではムーディーズ社、S&P社(スタンダードアンドプア社)などの業者が、この種の債券発行企業、団体の格付け機関として有名だし、日本でも 日本公社債研究所日本格付け研究所日本インベスターズサービスなどが格付けを専門的に行っている。


 債券の発行者の経営が破綻することは滅多なことでは起こらないと思われるが、利子が払えなくなったり、最悪の場合には元本すら返してもらえないという危険性も全くゼロではない。

 まさか米国が発行した債券(国債)がこのような事態を迎えることは想定しにくいが、現在証券会社が扱っている外貨建て債券の中には必ずしも信用力において全く不安のない発行者だけとは限らない。

 実際に投資するに際しては、最低限以上のリスクを充分に考慮したうえで踏み切る必要がある。
 具体的には証券会社に対して、その債券の通貨の円に対するこれまでの相場の推移を示すデータならびに発行者が専門の格付け機関からどの程度の格付けを得ているかというデータを要求すべきだろう。

 もちろん、元本割れは充分覚悟しておく必要がある。

 現在外債などで最も広く用いられているのが、米国のムーディズ社ならびに S&P社という会社による格付け。
 最も信用度が高いAAA(トリプルA)からC(シングルC)あるいはD(シングルD)までのランクが設けられている。

 一般的にはこのうち個人が安定的な投資対象として選択してもいいとされているのは一応、BBB格以上だ。
 逆にBB以下の銘柄格しか得ていないところが発行する債券はジャンクボンド(屑債券)と呼ばれ、倒産などによる利子あるいは元本の支払いが行われないかもしれない危険性が高い。
 実際過去の例を見ても、BB以下の債券のデフォルト率が高いことが見て取れる。

 もっとも最近では、新発債既発債を問わず、証券会社が個人向けに販売している銘柄のほとんどはBBB格以上の投資適格債だ。

  


07年度販売数No.1!
2010年まで勝ち抜く戦略を学ぶ順張り&逆張りシストレDVD
斉藤正章氏が実践し利益を上げ続けている
最強のトレード戦略を習得してみませんか?

詳細は今すぐ ココをクリック!


 サラリーマンを続けながら、複数の収入を持つ人は、数少ないと思います。

 逆に、管理する立場(昔、管理職でした)で考えれば、複数の仕事が持てるほど、甘い負荷では済まされないくらい、厳しい目標を要求する。
   
 ウィークディは、当然毎日深夜帰宅、たまの休日さえ、仕事の遅れを取り戻すために、無給で会社に行くか、家庭でパソコンに向かうことの繰り返し。
 
 こんな状態で、会社人間のみで定年退職を迎えた人が、社会適応に苦労しているTVレポートも目にします。

 さて、あなたは、体が言うことをきかなくなった時の、収入源は確保しましたか?

 北村慶著「外資ファンド利回り20%のからくり」は、誰もが最後は”一人の投資家”になる必要性を説かれています。


 我々の社会は、これから急速な高齢化を迎える。
 これは最も確実な未来予測だ。

 その端緒として、2007年あたりから「団塊の世代」(昭和22〜24年生まれ)が大量に退職を迎える。
 ある試算によると、段階の世代を中心とする5年間の退職者数は7百万人、退職金支払い総額は50兆円とも80兆円ともいわれている。

     リタイヤメントライフを迎えた60歳代の人々にとって、豊かな生活を送るには、
    自分の資産の運用益からキャッシュを手に入れるか、年金に頼るしか術はない。


     定年退職が近付きつつある50歳代にとっても、いわゆるセカンドライフ(第二の人生)
    のスタート地点までにどれだけの資産を積み上げておくことができるかが、
    その後の人生の”経済的な質”を決める
ことになる。

     我々全員が、最後は「一人の投資家」として、資産を運用・管理し、老後の生活
    を送ることになる。
   


 この意味で、あなたの幸せのために、できるだけ早い時期に投資の基礎を学ぶことが望ましいと信じます!

 私が、「いずれ、投資活動のみが収益源」という趣旨の本を読んだのは学生時代、しかも、肝炎で長期入院した後で、慢性化。
 そこで、考えたことは、「とても体は使いものにならない。
 頭で稼げる仕事が必須」ということを、サラリーマン生活を続けながら模索しておりました。
    
 いまなら、ネット社会の浸透によって、僅かの労働時間、小資本、低リスクで起業の道が多数ありますね。
 しかし、その現実の成功率は、数%というところでしょう。
 参入が容易ということは、常に新手の競合に悩まされるということでもあります。
 一時期、当ったとしても、長続きしないかも?

 その点は、海外ファンドは良いですね。
 仲介業者とファンド選定さえ間違わなければ、誰でも年率複利15%を超える成果が得られます。

    






海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO