経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません

<私のお奨め本>

        「かたよらない生き方」
                       安保 徹 著

◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
食べない健康法
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
SASサバイバルマニュアル
 この本は、私が想像もしなかった面からのアプローチです。

 真核細胞の生誕の歴史から、好気性と嫌気性の両面があるのだから、健康にはバランスが大切と説いている。
 甲田光雄氏の著書には、現代栄養学では説明のつかない少食の人々が実在するが、ミトコンドリア系のエネルギー理論なら納得できます。



現代の医学は、いくら進んだと言え、生命の仕組みまで解き明かしていないので、調和を取り戻す医学ではありません。
 ですから、
医学に命全部預けるのは無謀すぎます

・死の一週間前には食べなくなるのが自然

・嫌気性=解糖系と好気性=ミトコンドリアの合体で真核細胞誕生から、生命の進化が始まった
人間は解糖系で生まれて、解糖系とミトコンドリア系の調和の時代を経て、ミトコンドリア系で一生を終える。

・忙しい人、悩んでいる人が糖尿病になる
 ストレス→アオレナリン・ステロイドホルモン→交感神経優位
 (酸素を少なく、低体温、高血糖)→長く続くと→糖尿病
 →ミトコンドリアが働けない→新陳代謝を阻害→やつれ

対症療法では病気は治らない
 
数値だけを見る対症療法は新たな病気を呼び込む

★現代ガン理論
 ・遺伝子の異常が何回か繰り返され、失敗したあげくにガン細胞が生まれた=多段階発ガン説
 ・一度発症したら、際限なく分裂が続き止められない

★安保理論
 ・ガンは低体温・低酸素・高血糖の過酷な内部環境で生き延びるための20億年前の先祖帰り
 ・ガンは分裂が盛んで冷える場所に発症する(腸の上皮、肝臓、胃、腺、骨髄・・・)
 ・ほとんど分裂しない脳神経、暖かい場所(心臓、脾臓)には発症しない
 ・ミトコンドリア系の働きが復活し、分裂抑制遺伝子を使って調整すれば、分裂は停止する。
 ・無理な生き方、心の迷いから脱却し、体を温め、深呼吸して酸素を十分取り込む。
 ・運動と呼吸法が長寿をもたらす

●ガンを治す四か条
(1)生活パターンを見直す
(2)ガンの恐怖から逃れる
(3)体が消耗する三大療法(手術、抗癌剤、放射線)を受けない、続けない
(4)副交感神経を優位にして、免疫力を高める




海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ