経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

「朝の習慣を変えると人生はうまくいく!」

                       佐藤 富雄 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
食べない健康法
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
SASサバイバルマニュアル
 日頃、良い言葉、常に積極的、楽観的、他人の幸福を願う人に、良い人生が訪れることは、容易に納得できること。
 私も、「観念要素の更改」をし、思考は積極的、体は訓練的(心肺機能と筋トレ)に切り替えてから、毎日が爽快です。

 佐藤氏の古い脳(自律神経系)と新しい脳(大脳辺縁系)の成功シーンの描き方は、中村天風氏の、意思を司る顕在意識と、実現のパワーを宿す潜在意識の相互作用の説明と類似。
 天風哲学実践中の私には、科学的根拠を貰い、自信を持つことができました。

 良い人生を送り、自分の夢を実現するには、「良い言葉」が、キーになっている。
 高田明和氏は、「言霊」といって重視しているし、ロバート・キヨサキ氏はじめ、本田健氏も使う言葉の重要性を説いている。
 
 良いことを考え、良いことを実行すれば、必ず良い結果がついてくるという「因果応報の法則」を大切に生き、大経営者となった稲森和夫氏の例もあります。

 「めでたい奴」と言われそうですが、他人の幸せを常に考えながら、生きていこうと思っています。



朝の習慣を変えると人生はうまくいく

T章 つい繰り返していた”いつもの習慣”に気付こう

  1.”魔法の石”を投げ捨てていませんか?

  2.日常の”慣れ”が夢と希望を失わせる
    世によくある「成功哲学」の類でなく、世界にたった
   ひとつの『成功科学』なのです。
    朝たった3分実践に移すことで、理論の真髄が理解できる。
    大脳生理学と神経工学、生化学の原則による当然の結果。

  3.習慣の殻を破れる人、破れない人

  4.一日の始まりに弾みをつけるヒント
    読んで分るもの、聞いて分る範囲のものというのは、
   タカがしれています。
    どれほど沢山の本を読み、セミナーや講習会に参加しても、
   なかなか人生を変えられないのは、そこに行動の変化が
   ないからなのです。
    理解に行動が伴ってはじめて、その理解は本物になります。
    皆さんが実際の行動に移してこそ、本当に目からウロコ
   が落ちるのです。

  5.良いサイクルに変えるチェックポイント
    第一ステップ 言語パターンを理解する 口癖リスト
    第二ステップ 思考パターンを自覚する 

  6.長年の思い込みを取り除いてみよう
    下準備→自己像の複合体
    第三ステップ 行動パターンを自覚する
           日常のプロフィール
    自己像というのは強力な存在。日常のあり方に大きな
   影響を及ぼし、人生そのものを支配する力を持っています。
   人生を変えようと思うなら、まず自己像を変えること。

  7.『楽しみながら』が成功のオアシス
    継続の原点は快にあり
    自分自身をトータルな視点で捉える=人間の存在は、
   脳・体・心の三位一体


 U章 ”朝三分”の行動が今日の運を決める
  8.本気で信じた夢は必ずかなう
    サイエンスをベースにした『成功科学』←生涯で最高の財産
    人間の体内には自らの夢や望みを実現するためのシステム
   が本来的に備わっている=自働目的達成装置
    体を構成する60兆もの細胞のひとつひとつには、
   遺伝子レベルで目的達成のための膨大な情報が刻み込まれて
   います。
    そうした複雑きわまる仕組みをコントロールしている中枢
   が、大脳にあります。

    あなたの夢や望みが大脳の側座核というところに伝わると
   、本人が意識するしないにかかわらず、自働目的達成装置が
   稼動しはじめます。
    すると、あなたが望むことはそのまま、頭で考えたとおり
   の形になって現実化していくのです。

   ◆考え方や自己像も”選択”の結果
      今の状況を選んだのは、自分自身だということ。
      ところが、そうした認識を持たないため、どれほど
     多くの人が、ただ一度きりの人生で多大な損をしている
     ことでしょう。
      しかし、選択の自由に改めて気付き、自分にとって
     本当に良い選択ができるようになると、人生は面白くて
     たまらないものになっていきます。

   ◆成功科学の効果
      生き方、可能性、成功や幸福も、その人本人が
     選び取っていくものです。

  9.成功する人に共通の脳のメカニズム
   ◆二つの脳は想像力が結んでいる
      「人生で成功する人は、まず脳内でその成功を
     築き上げている」
      人間の脳は古い脳と新しい脳とに分けられます。
      古い脳は、いわゆる自律神経系と呼ばれるもので、
     呼吸や心拍など、無意識のうちに行われる体の動きを
     司っています。
      自律神経系は基本的に、人間の意志を受け付けずに
     生体コントロールを行っています。

      これに対して新しい脳は、ものを考えたり判断したり
     する、意志の部分を担当しています。
      古い脳、つまり自律神経系は、25億年もの進化の歴史
     を持ち、一方新しい脳、つまり大脳新皮質は、せいぜい
     5百万年ほどの歴史を持つという背景があり、この二つ
     の脳は”想像力”によってつながっています。

  ◆成功シーンを思い描く
    さて、古い脳である自律神経系は、過去・現在・未来
   の区別がつきません。
    過去の回想であれ未来の先取りであれ、何かを意識の
   中に呼び起こした途端に、今まさにリアルタイムで体験
   しているかのような化学反応を体の随所に引き起こします。

    自律神経系はまた、言葉による自他の人称を解しません。
    自分のことを語っていても、誰か他の人について話して
   いても、内容のいかんに関わらず、全ては言葉を発した
   当人のこととして受け止め、それを現実化しようとします。

    誰かを褒める、元気付ける、幸せを祝福する、成功を
   讃える、そういう良い言葉を頻繁に口にしていると、
   自律神経系は言葉どおりの内容をそっくりそのまま、
   話者の人生にフィードバックしてくれます。

    ですから、思ったり、口にしたりするのなら、
   自律神経系のならではの特性をよい方向に活用するため
   にも、幸福な思い出や未来の成功ビジョンにすることです。

  10.「もしも・・・」の科学的根拠
   ◆想像力を味方につけよう
    成功を手に入れるために欠かせない行動、その代表格
    が”想像体験”です。
    想像体験とは、夢や望みがすべて叶えられたという
   前提に立って、成功した自分の姿を強く思い描くこと、
   実際に体験するのとほぼ同じレベルで、「リアルな体験」
   をすることをいいます。

  ●自己暗示に関する法則・・・仏医学者エミール・クーエ
   法則1.意志と想像力が争えは、必ず想像力が勝つ
   法則2.意志と想像力が一致すれば、その力は和でなく
       積である
   法則3.想像力は誘導が可能である
  ですから、意志よりも想像力を優先させたほうが物事は
  成就しやすいのです。

  ◆成功への道のりはオートパイロットで
    朝三分の想像体験を習慣化すると、
   ”自働目的達成装置”のコンデションを最高の状態に
   持っていくことができます。

  11.”勝ち組遺伝子”を目覚めさせる方法
   ◆ヒト遺伝子は人類の記憶の蓄積
    この”勝ち組遺伝子のパワーを開花させ。上手に活用
   して生きるなら、人生におよそ不可能なことなど
   なくなるでしょう。

   ◆脳に「快の信号」を送ろう
   ・勝ち組遺伝子は、人類の記憶の集大成である
   ・勝ち組遺伝子に組み込まれている膨大な情報は、
    どんな経験にも優る。
   ・勝ち組遺伝子の中に、我々の求める答がすべてある
    勝ち組遺伝子をONにする引き金は、紛れも無く意識です。
   そして、その意識を作り、意識に最も強く影響を与える
   ものが言葉です。
    「これでよかった」「すべてOK!」という
   肯定メッセージが、脳に強烈な”快の信号”を送ります。

  12.最高の健康状態の引き出し方
   ◆時代とともに移り変わる健康観
     ヘルス(病気でない)
   →ウェルネス(健康にはレベルがある。健康の質向上)
   →オプティマルヘルス(心も体もいきいきとした最高
    ・最適の健康状態)
   ◆サプリメントの必要性
   ◆オプティマルエイジングという生き方を目指そう
    最高の健康状態を保ちつつ、健やかに加齢していくこと。
    食物に含まれる量をはるかに超える量のビタミンC,E、
   ベータカロチンなどを摂ることで、老化防止と成人病の
   予防に想像以上の効果がもたらされているのです。


V)思わずやる気がわいてくる言葉の法則
  13.楽天家になるほどうまくいく
   ◆健康で長生きをする成功者の性格
    特にアメリカでは、意識やストレスに関する
   科学的研究が進み、「何事も前向きに捉え、やる気に
   満ちて物事に当ると、肉体面での健康に有効なばかりで
   なく、自己の限界を超えてそれまで以上の大きなことを
   成し遂げられる」ということが実証されるように
   なりました。

   ◆誰もが楽天家になれる三つの法則
     @自分に起きることは、いかなることも自分に
      プラスになることである
     A自分に起きることは、いかなることでも自分で
      解決できることである
      (自分に解決できないことは、自分には起きない)
     B自分に起きた問題の解決策は、途方も無い方角から
      やってくる(だから、今お手上げ状態でも決して
      めげてはならない)

   ◆言葉一つでガラリと変わる
      私たちは日常、話すとおりに考え、考えているとおり
     に話しています。
      言葉によって意識や思考が形成され、その逆は
     有り得ません。
      自分の選んだ言葉は自分自身を規定します。
     それは、本人が望むと望まざるとに関わらず、です。
      なぜなら脳は、自分の発した言葉を意識の中に取り入れ
     、自分の姿や人生に反映させるようなシステムを
     持っているからです。

  14.ストレスホルモンを快楽ホルモンに変える
   ◆やる気の脳を刺激しよう
      何であろうと「面白そうだ、ぜひやりたい」と強い関心
     と意欲を持って取り組むと、”やる気の脳”である側坐核
     が刺激され、脳内の膨大なシステムを動かして、目的を
     達成しようとします

   ◆脳が快楽ホルモンを分泌する
   ◆ストレスホルモンをのさばらせてはいけない

15.悪い環境に染まってしまうという教訓
   ◆ジャンプする力を失ったノミの話
   ◆マイナスの思い込みは「制限遺伝子」のしわざ
   ◆負けぐせをやっつけ、勝ちぐせを身に付けよう
      「いいねえ」「その調子だ」
     「私の人生はよくなる一方だ」・・・
      こういった快の言語習慣を身に付けると、制限遺伝子
     のスイッチをOFFにし、勝ち組遺伝子をONにすることが
     できます。
      脳に組み込まれている自動目的達成装置が、
     勝ち組遺伝子の持つ膨大な情報をフルに活用して、
     今あなたに最も役立つものを手繰り寄せるからです。

16.好きな自分のイメージを浮かべよう
  復習
    @チャンスを取り逃がしてしまうのは、思考のマンネリ化
     が弊害となっているからだ
    A考え方の癖、思考パターンのマンネリ化は、
     自分では気付かない
    B日常の全ては、自己像の複合体としてできている
    C成長するためには、日常習慣の殻を破る必要がある
    D行動が伴ってはじめて、何事も本当の理解ができる
    E人生における成功の原点は、脳と体と心の三位一体を
     ”快”に導いていけるかどうかにかかっている
   以上の6項目をしっかりと脳にインプットすると、変身に
  弾みがつく

七つの原理
    @考え方や自己像は、”選択”しなおすことができる
    A自律神経系は夢を叶える”自動目的達成装置”である
    B想像体験の威力により現実を想いのままに動かしていける
    C誰もが”勝ち組遺伝子”を標準装備している
    Dオプティマルヘルス=最高の健康状態に有ると自然と
     成果があがってゆく
    E楽天思考で絶大な”快”を生み出し、大スケールの夢を
     楽々と実現できる
    F言葉の力で制限遺伝子のスイッチをOFFにし、勝ちぐせ
     を身に付けられる

自己像の法則
    ・自分はこんな人間であるという思い込みが、現在の自分
     をつくり、未来も規定していく
    ・容姿や性格だけでなく、仕事観、金銭観、異性観、結婚観
     、人生観、年齢観も、全ては自己像の一部である
    ・なりたい自分、こうありたいと思う人生のイメージを
     具体的な言葉にしていくと、より望ましい新たな自己像
     を確立できる


W章 いいイメージが浮かぶ「脳」の使い方
  17.今日もいい日になるぞ」と声に出して言おう

  18.いつもの生活にある”魔法の鏡”

  19.成功者の未来シミュレーション

  20.お金の悪口は言わない
 
  21.脳が解決する人との相性

  22.一日を快適にする”三行メモ”

  23.仕事の効率をアップさせる「帰宅時間宣言」

  24.運動中に楽しむ発想ゲーム


X章マンネリ思考を取り除く「体」の作り方
   25.あなたの”サビ度”をチェックしてみよう

   26.一流スポーツマンも実践する”四股踏み”トレーニング

   27.血液をサラサラにする”空気イス”と”爪先立ち”

   28.”朝一杯のビール”の魔法

   29.記憶力・判断力を上げる緑茶カテキン

   30.”食べない快感”の効果

   31.八十歳現役も夢ではないサプリメント
       ビタミンA 10〜15r
       ビタミンE 200r
       ビタミンC 2000r
       フィッシュオイル 4000r
       亜鉛 25r
       CoQ-10 100r
       セレニューム 200μg

   32.どんどん頭がよくなる食事
       ビタミンB12:500〜1000μg
       DHA 300〜400r
       EPA 300〜400r


Y章 成功に一歩近付く「心」の鍛え方
   33.朝三分の座禅がひらめきを生む

   34.希望の力がわいてくる”なりきり”術
 
   35.長所のリストアップで自信を持つ

   36.最高のおしゃれで心のドレスアップを

   37.成功キーワードがみつかる読書メモ

   38.「不安を吐いて、希望を吸う」呼吸法

   39.口にするほど元気が出る言葉の魔術

   40.「自分だけの念仏」が幸せを運ぶ
      セリエ博士「幸せになりたかったら、善意を蓄えなさい。そうすれば、
     あなたの家は幸福の貯蔵庫になります」
      著者独自の念仏
     「神、それは無限の知性であり、大宇宙の英知です。
      私の広大無辺の潜在意識も神の一部です。そして、心の平和、富、財、
      金、繁栄、真の健康、名声は神の象徴です。私は神の導きにより、
      心の平和、富、財、金、繁栄、そして真の健康、名声を授けて頂いて
      おります。私はこれを神に感謝し、関わりの有るみなさんに神の愛と祝福を
      送ります」


Z章 ”黄金の人生”を手に入れるヒント
   41.年齢への思い込みを変えよう

   42.これからが人生の黄金期

   43.時間を忘れて熱中する

   44.身震いするほど素敵な学問のすすめ

   45.一歩足を踏み出せば、人生は大きく前進する 





海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ