経済的に豊かになることも楽しいけれど、一番大切なことは心の平安を得て、己の魂を自由にすることかも知れません
<私のお奨め本>

           「野火」

                       大岡昇平 著


◆中村天風
成功の実現
運命を拓く 天風瞑想録
盛大な人生
成功へ導く言葉
いつまでも若々しく生きる
真理のひびき
◆沼田勇
幕末名医の食養学
病は食から・日常食と治療食
◆近藤誠
あなたの癌はがんもどき
◆安保徹
病気は自分で治す
かたよらない生き方
◆甲田光雄
生菜食健康法
◆ロバート・キヨサキ
金持ち父さんシリーズ
◆佐藤富雄
朝の習慣を変えると人生はうまくいく
◆小林正観
100%幸せな1%の人々
◆新谷弘美
腸からはじめる幸せ健康法
病気にならない生き方
◆森下敬一
薬効食・自然医食の効用
◆中野孝次
清貧の思想
◆茂木健一郎
感動する脳
◆本田健
スイス人銀行家の教え
◆稲盛和夫
稲盛和夫の哲学
◆大岡昇平
野火
◆藤田紘一郎
腸を整えれば心も体も元気に
万病を防ぐ水の飲み方選び方
◆その他
沈黙の春
食べない健康法
内臓脂肪が病気の原因
バランスの良い食事が老化の原因
体温を上げると健康になる
不都合な真実
SASサバイバルマニュアル
 
 精神が正常なのか、異常なのか、どこに線引きするのが正しいのでしょうか?
 その基準は?と、問われた時に、誰がその答えを導き出せるのか?

 その物差しは、時代、もっと端的に自分が置かれた状況によって変動するような気がします。

 本著を読むのは、二つの意味で骨が折れます。
 一つは、未体験ゾーンへの侵入の恐怖。(怖いもの見たさ?)
 二つ目は、自分の持っていた倫理感、或いは正義感がぶちのめされること。

 戦争を知らずに育った私には、フィクションか否か、判断がつかない状況描写が多数占める。
 「サルの肉」と称する肉の作成跡の描写はおぞましく、想像するに耐えない。

 しかし、極限状態に追い込まれた人間の本性とは、そういうものかも知れません。
 アンデス山中の飛行機事故を思い出します。

 もちろん、作者の狙いは、再度戦争肯定へと形作られる世論への警告とは思いますが、読むものに強烈なインパクトを与えてくれます。

 裏表紙に「若い世代に贈る必読の文学全集」全国学校図書館選定基本図書、とあります。
 本当に学生に薦めるのかしら?
 個人的には、ハテナ?ですが、戦争とはどういうものかを知る意味でも、社会人になっても一度は目を通しておきたいですね。

 



海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ