関連記事 【私の愛読相場書】  
◆相場技法の種類
◆相場技法・うねり取り
◆三種の神器
◆メールサポートご挨拶
◆場帳・業績推移他様式
◆玉帳・値板様式
◆よりどころ
◆投資の常識
◆既に株をお持ちの方へ
◆空売り
◆練習売買・王子製紙
◆勝ち続けるには
◆自分の感覚を大切に
◆新聞の整理
◆具体的帳票活用と銘柄選定
◆習得期間
◆酒田新値
◆日足
◆月足記入方法
◆損切り
◆分割売買
◆株式分割時のグラフ
◆うねり感覚の習得
◆現渡し手仕舞い
◆順行か逆行か
◆ローソク足か折れ線か
◆罫線グラフへの慣れ
◆利益の伸ばし方
◆自社株買い
◆銘柄選定
◆切手屋/地場筋
◆銘柄選定その2
◆銘柄選定から練習売買
◆銘柄固定から一ヶ月
◆ミニ株活用
◆平均値の求め方
◆自分だけのルール作り
◆千円を跨るグラフ
◆値動きの受け止め方
◆日足作成のポイント
◆ツナギ売買
◆私の愛読相場書
◆相場書のまとめ方

株式投資の基礎知識
◆EPS・PER・PCFR
◆ROE・ROA・ROI
◆空売残高と空売比率
◆オプション・ストックオプション
◆BBレシオ
◆信用取引とは
◆委託保証金(証拠金)
◆信用取引の費用
◆制度信用取引と一般信用取引
◆貸借取引と貸借銘柄
◆証券金融会社と貸株
◆信用取引残高と信用倍率
◆規制措置・規制銘柄
◆差金決済・転売・買戻し
◆受渡決済・現引・現渡
◆弁済期限・期日・期日明け
◆株式分割と権利処理価格
◆金利(日歩)と逆日歩
◆委託保証金・信用余力・追証
◆空売り・つなぎ売り・ドテン
◆買残高と評価損率
◆株式投資指標の種類
◆PERの示す意味は
◆PCFRの示す意味は
◆PBRとQレシオの示す意味は
◆証券取引所
◆株式累投(るいとう)とミニ株
◆保護預かり/保管振替制度と単位株
◆証券総合口座とラップ口座
◆店頭市場とJASDAQ
◆インサイダー取引

  技術の習得には、「カラダを動かす」繰り返しが必須。

 ところが、株式を売買するのに、「カラダを動かしている」という実感がない。

 しかし、「ここで買って」、「ここで売って」を実体験すると、上手・下手があることが判る。

 下記は、私に技術の大切さを悟らせてくれ、今も繰り返し読んでいる図書です。

 技術は、「理論→体験→納得→理論」を繰り返し進化するものだと思います。

 林輝太郎先生のご著書には、それぞれの内容によって重複するところがありますが、技術というものを表現するには、当然と思いますし、逆に多くのご本を拝見することで、理解を深めることが出来ます。

 また、立花氏とか板垣氏のご著書から、林先生とは異なった表現を読むことで納得を得られることもあります。
 立花氏は、相場感覚に徹した職人のような建玉技術、板垣氏は比較的技巧を抑えた波乗りが特徴と、自著「自立のためにプロが教える株式投資 」で述べておられます。
 両氏の本からも、大衆投資家から抜け出す考え方の変革と申しますか、パラダイムシフトと申しますか、とにかく思考回路の変革に苦しんだ過程が克明に描かれ、胸を打ちます。

 数千円の投資で、思考変革を促してもらえます。
 生き残る投資家には、必然の資本投下(設備投資)と考えますが、いかがでしょうか?



● 株式上達セミナー  林輝太郎著  同友館

  本書は、相場に対する考え方、具体的な売買方法、相場への努力のエネルギーの向け方、実例・・・ と、大変濃い内容である。

  読み始めると、一気に引き込まれてしまうが、それでもあまりにも多岐にわたる深い内容のため、数回は目を通されたい。

  私は、濃い内容の本を理解する時は、プレゼンテーションソフト (PowerPoint)を使い、最初に目次を全て打ち込み、次に印象に残ったキーワード或いはキー項目を著者の主張レベルを意識しながら並べます。

  出来上がった表を再度読み込んで、内容の理解を深めます。
  例示しますと →愛読相場書のまとめ方

  相場技法は、体験の繰り返しを要しますから、体験後再び 読んだ時に印象に残ったキーワード等を書き加えます。
  時には、記入したキーワードが間違っていて、より重要項目を見落としている場合もあります。

  実践→納得→修正→実践→納得→修正と、何度も繰り返すことで、林先生の主張されることを理解し、身に付けられると信じます。




● 売りのテクニック   林輝太郎著  同友館

  株式というと、すぐに「買い」という言葉が浮かぶが、「売り」という概念が欠落していては、全くダメということを自覚させてくれます。

  「買ったものは売る」、「空売りしたものは買い戻し」て、一連の動作を終結させなければならないものです。

  従って、「売り」の概念が存在しないのは、株式投資活動とは呼べない。
  「買い」より、むしろ「売り」を率先して学ぶ必要があります。

  私は、この本から相場の公理
    
『上がった株は、必ず下がる
       下がった株は、上がるとは限らない』

を学んで、売り好きになりました。

  株式相場を志すかぎり、一度は読んでおくべき著書でしょう。

     



● あなたも株のプロになれる  立花義正著  青潮出版

  この本は、上場会社の次長だった立花氏が、独学で身に付けた短期売買の手法です。
  売り買い両方(のこぎり)を狙い、両建てで相場感覚を受け止めます。

  相場への姿勢、格言、考え方等読み易い部分もありますが、核心部は相場技法バリバリで、初めは理解し難いと思います。

  ある程度、実践経験を積んでからのほうが、読みやすいかも知れません。

  私は、著書に書いてある全ての期間にわたって、終値の折れ線グラフを作成し、売買の建て玉と残玉を記入して、立花氏の相場技法を追っかけました。

  場帖、売買譜から分析できたことは、リズムで試し玉を入れ、感触が悪ければ損切り、良ければ増し玉し、うねりに乗る(波乗り)方式です。

  玉の入れ方、増し玉のタイミングに一定の法則が見られます。
  いつも、同じ(ような)玉数なのです。

  おそらく、現有する「感覚売買の著書」の、極致かもしれません。




●うねり取り入門  林輝太郎著  同友館

  「相場技法うねり取り」を学ばれる方には、是非お奨めします。

  「三月またがり六十日」という言葉が、プロの間にあるそうです。
  FAI投資法の連載に「五十一年からの九年間の、500円以下の400銘柄で、10%以上の波動を見せた2560件の事例で、その波動の実日数の平均は59.6日、それより小さい波動は、29.1日」という調査がある。
  株式相場には、平均すれば、60日程度の周期が統計的に証明されています。

  この波動を利用して、収益に結びつける技術が、「うねり取り」です。

  個人的には、おそらく、初心者がもっとも入り易く、習得も、比較的容易な技法と考えております。
  道具、資料についても、銘柄固定の私のやり方では、ネットからの最小限の情報で済みます。
  新聞すら読まなくても、可能です。

  林輝太郎先生のご著書には、考え方からやり方まで、非常に判り易く書いてあると思います。

  「うねり取り」の習得は誰でもできます。
  理論→実践→納得→理論と、あきずに繰り返せば、必ず習得できます。
      


● FAI投資法

  林知之著「究極の低位株投資術 FAI投資法」には、下げきった低位株から、2倍に値上がりする銘柄を発掘して投資し、利益を確実にものにするという、嘘のような、すばらしい投資法である、とあります。
     
  業績の悪化した株は、長期間低迷したあと、業績の回復とともに、2倍、3倍と、大きく値上がりします。
  その上げの内、一番容易かつ安全に取れる”一段上げ”をとるのが、FAI投資法です。

  FAI方式のポイントは、「30項目のルール」と月足グラフによる銘柄選定と、場帖による相場感覚の養成です。
  低位株ですから、上がる可能性と同時に、破綻の恐れも有りますから、銘柄選定が重要です。
  この選定技術を磨くとともに、場帖(場帳)によって購入タイミングを習得します。

  確実な銘柄選択は、林投資研究所の会員になることです。
  「研究部会報」を読めば、注意銘柄、買銘柄全て判ります。



中源線建玉法 林輝太郎著 林投資研究所発行

 
「システム売買」という本の性格上、詳しい所まで、紹介できないことを、お許し願います。


  概要は、終値の折れ線グラフに、強弱観で色分けし、ルール(法示)に沿って、建て玉と、手仕舞いする方法です。

  ルールは、強弱観、建玉増減、資金運用の三つ。

  林投資研究所で、長期間のデータで確認し、好結果が検証されています。

  
中源線は、プロ養成に活用され、多数の実績が有るとのこと。
   実践してみて、特に優れていると感じるられることは、玉を動かすことを学べる点と、初心者でも確実に損切りが、身に付く点です。
   損切りは、頭で考えているうちは、簡単ですが、いざ、本当に損が出る段になると、なかなか実行ができない、高度な技術です。

   私の知る限りでは、機械的売買法(システム売買)の最高峰と、考えています。

   私が勉強したのは、5万円のバラ刷り教本でした。
   頭で理解していても、実践ではいろんな場面が出てきますから、ルール(法示)の適用に悩みます。
   右の紹介は、ルールをプログラム化できておりますから、ルールの見落しとか、適用に悩むことはなくなりますね。 

 




































海外ファンド株式相場技法うねり取りFX(外国為替証拠金取引)情報起業料理・グルメお奨め本注文方法筆者特定商取引法サイトマップTOPページ